東証、ROE基準の新インデックス導入

東証からROE基準の新インデックス導入のニュースです。

【YOMIURI ONLINE 2013/04/25より引用】
東証、新株価指数を導入へ…世界初の利益率基準
 東京証券取引所は、東証株価指数(TOPIX)と並ぶ株価指数を年内にも新設する。
 東証1部に上場している企業の中から高い利益を上げている上位300~500社の銘柄を選び、その時価総額の増減幅を指数化し、国内外から新たな投資を呼び込むことを目指す。
 新指数は、資本金をどれだけ効率よく使っているかを示す自己資本利益率(ROE)と呼ばれる経営データをもとに対象銘柄を選ぶ。東証によると、ROEを基準に株価指数を作るのは、世界の主要市場で初めて。
【引用おわり】

ファンダメンタル・インデックスの一種と思われます。従来の時価総額加重型のインデックスに疑問を持つ向きには歓迎されるかもしれません。

問題は、このインデックスに連動するインデックス商品(インデックスファンドやETF)が出てくるかどうかです。あまり知られていませんが、じつはTOPIXには既に、TOPIXバリュー、TOPIXグロースなどのスタイル・インデックスが存在します。でも、残念ながらそれらに連動するインデックス商品は出ていないのが現状です。

個人投資家のニーズはあると思います。新インデックス導入の時期は未定ですが、インデックス商品とセットで供給できるように、運用会社さんがんばってください。
関連記事


  





トラックバック

ROE基準のETFが出ても高配当ETFからの変更なし

日本経済新聞社と日本取引所グループおよび東京証券取引所は14日、新たな株価指数を開発することで合意したと発表した。資本を有効に活用できているかなどを示す財務データを銘柄の

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)