【特別寄稿】 世界でいちばん割安なのはどの国?世界各国のバリュエーション表(2013年4月版)

ご好評いただいている、読者のタカちゃんさんによる特別寄稿「世界でいちばん割安なのはどの国?世界各国のバリュエーション表」、2013年4月版が寄せられました。

PERだけでなく、PBR、ROE、実質実効為替レート、長期金利、配当利回り、益回り、配当成長率といった複数指標を網羅的にまとめたデータは貴重です。今回は「名目経済成長率予想」の項目が加わってパワーアップしています。

以下、特別寄稿「世界でいちばん割安なのはどの国?世界各国のバリュエーション表(2013年4月版)」です。


世界各国のバリュエーション表
タカちゃん作成)

世界各国のバリュエーション表(2013年4月版)
(クリックで拡大します)


バリュエーション表の使い方の留意点

今回は、名目経済成長率を載せていますので簡単ですが期待リターンの求め方を説明しておきます。
前提条件:信用リスクは無視できるほど小さい(信用リスクがない)
期待リターン ≒ 株式益回り + 現地の名目経済成長率 - 現地の長期金利 + 日本の長期金利

日本の株式期待リターン≒3.80%+0.92%=4.72%
米国の株式期待リターン≒5.99%+3.53%-1.760%+0.591%=8.351%
英国の株式期待リターン≒6.33%+2.44%-1.776%+0.591%=7.585%

こうやって見てみると、日本の場合は株式益回りが低い事や予想経済成長率が低い為、期待リターンが低くなっていると考えられます。
なお、信用リスクが高い国の場合はここまで簡単に計算できないので注意が必要です。

関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)