SBI証券、外国株式(海外ETF含む)も日本版ISAの対象とWEBサイトに掲載

SBI証券が、外国株式(海外ETF含む)も日本版ISA口座の対象とするとWEBサイトに掲載しました。

photo20130522.jpg
SBI証券WEBサイトより。クリックで拡大)

海外ETFを取り扱う主要ネット証券では、どこも海外ETFを含む外国株式が対象になるか明言しないまま、金融庁が公開しているスケージュールよりも前倒しで、日本版ISAのスターターキット募集を開始していました。

2013年4月29日のブログ記事「おい、ネット証券各社。日本版ISA口座スターターキット申込受付する前にやることがあるだろう」で、「サービスは未定だが申し込みだけ先にしろ」という商売は一般的ではないと指摘しました。その後、2013年5月13日に楽天証券が海外ETFも対象にするとの発表をしました(該当記事)が、他のネット証券が追随するのか否か、動向が注目されていました。

特にお知らせがあったわけではありませんが、SBI証券の公式WEBサイトの日本版ISA関連ページの中身に、こうして海外ETF対応が掲載されたので、対応することになったのは間違いないでしょう。ネット証券最大手だけに、ほっとしたインデックス投資家さんも多いのではないのでしょうか。

海外ETFを取り扱う主要ネット証券では、楽天証券、SBI証券と日本版ISA対応を発表してきましたが、残るマネックス証券さんはどうするのか、注視したいと思います。


<ご参考>
上記ネット証券は、以下から口座開設できます(無料)。
SBI証券
楽天証券
関連記事


  





トラックバック

SBI証券の海外ETFもNISA(日本版ISA)口座対応

楽天証券がNISA口座で外国ETFや米国株を対象と発表してから1週間・・・SBI証券でも外国株式(海外ETF)がNISA(ニーサ)口座に対応することとなりました(SBI証券) SBI証券では以下の商品の...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)