主要ネット証券の投信積立銀行引落しサービスを調べてみた

楽天証券が2013年5月25日より投信積立の銀行引落しサービスを開始すると発表しました。通常、投資信託に積立投資するためには、

(1) 銀行から証券会社に入金処理
(2) 証券会社で積立投資

という2ステップが必要です。私は手動で積み立てているので、毎月そういうステップを踏んで積立投資をしています。しかし、投信積立銀行引落サービスは、

(1) 銀行から自動的に引き落としされて証券会社で積立投資

というワンステップで積立投資ができます。これは楽ちんです。そういえば昨年、SBI証券も投信積立銀行引落しサービスを開始するというブログ記事を書きました。

そこで、本日(2013年5月26日)時点で、主要ネット証券各社の投信積立銀行引落しサービスの状況を調べてみました。そこには数年前とは違う景色が広がっていました。
主要ネット証券各社の投信積立引落サービス一覧
 (クリックで拡大)

こうしてまとめてみると、SBI証券・楽天証券・マネックス証券が概ね同じくらいの金融機関対応状況のようです。一方、数年前この分野ではパイオニアであったカブドットコム証券が、今や対応状況で遅れを取っているように見えます。

私たちインデックス投資家にとって、投信積立の銀行引落しサービスの利便性は高いので、サービス拡充は大歓迎です。ネット証券においても、こういうサービスに一度申し込みさせれば、変更するのは面倒くさいという投資家の心理もあり、いわゆる「囲い込み」になるという面があると思います。

今後も地方の金融機関を含め、対応金融機関が拡大するといいですね。


<ご参考>
上記ネット証券は、以下から口座開設できます(無料)。
SBI証券
楽天証券
マネックス証券
カブドットコム証券

関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)