外国株式インデックスファンド放浪記(その5)

前回の記事の続きです。

僕は、野村ファンドネット証券で「PRU海外株式マーケット・パフォーマー」を中心としたインデックス投資を続けていました。
しかし、そんな平穏な日々もそう長くは続きませんでした。

ある日、うちに帰ると、野村ファンドネット証券から、一通の手紙が来ていました。
それを読んで愕然としました。

―――都合により会社を解散します。

いろいろ書いてありましたが、そんな主旨でした。しかも、手紙はこう続きます。

・口座および保有ファンドは、希望に応じて野村證券に引き継ぐ。
・ただし、以降、追加購入できるファンドは一部のみ。

皆さまお察しのとおり、PRU海外株式マーケット・パフォーマーは、追加購入できるファンドの対象外でした。
これでは、大和証券投資信託委託の時とまったく同じです。

その時点で、野村ファンドネット証券は、会社設立からまだ何年も経っていませんでしたが、たくさんの記事広告をマネー誌に打ちまくり、個人投資家に長期投資、分散投資、ドルコスト平均法を推奨し続けていました。
直販で細々とやっていた大和証券投資信託委託と違い、既にかなりの数の個人投資家が、長期投資を目指して口座開設していたはずです。
そこへきての突然の事業廃止。そして強制的口座移管に伴うファンドの追加投資終了です。
相当な数の個人投資家が泣かされたことは容易に想像がつきます。

僕は、深い失望とともに、PRU海外株式マーケット・パフォーマーを売却し、野村ファンドネット証券の口座を解約しました。
その後しばらく、最大手でもダメなら一体どうすればいいんだよ……と途方に暮れてしまいました。
幸い、PRU海外株式マーケット・パフォーマーを取り扱っている金融機関は、野村ファンドネット証券だけではありませんでした。でもそれは、聞いたことがないような証券会社や地方銀行だけでした。
その時の僕の頭では、証券最大手である野村が撤退したファンドを、聞いたこともないような証券会社や地銀で、安定的に購入できるとは到底思えませんでした。
証券大手である野村と大和に裏切られたのに、どうして、聞いたこともない証券会社や地銀が信用できましょう。

結局、僕はまた、新たな外国株式インデックスファンドと、それに加えて今度は、「信用できる金融機関」を求めて彷徨いだしました。

(次回に続く)

P.S
余談ですが、今にして思えば、外国債券購入のためにだけでも、野村證券に口座移管しておけばよかったかなと少々後悔しています。でも、まぁあの時の心境を思えば無理ですね、やっぱり…。
関連記事


  





コメント

海外投資のコストって高いですね

私も3年前にいろいろ探しました。
バークレイズが元だから大丈夫だと思ってソニー銀行のMoney Kitを買うことにしましたが、1年足らずで償還。その後、同じ条件で中央三井が引き継いでくれたから良かったのですが。
アメリカ市場に上場されているETFをネット證券で買えれば一番いいんですがね。

あと、ブログの名前が印象的だったのでパクってしまいました。この場を借りてお詫びいたします。

梅屋敷さん 始めまして
外国株式インデックスの変遷おもしろく読ませていただいています。小生も
投信倶楽部の債券インデックス買ってました。その後ドイチェのインデックスを国際証券でノーロードでドルコスとしていましたが、どう見ても繰上げ償還されそうなので解約し、ついに米Eトレードに口座つくりました。いかに良書を読んでも、実践に苦労するのは誰が悪いのか、本当に?ですね。

水瀬さん、どうも!
TISCO証券香港でも今まさに同じ事が起ころうとしています。
残念です。
日本語サービスを続けていくのも結構大変なのでしょうね。
しかし残念です。

コメントありがとうございます(遅レス申し訳ありません!)

>HZさんへ

それは、BGI外国株式INDEXですね。僕もウォッチしていました。販売手数料が1%かかるのがどうも自分の中で引っかかり、ソニー銀行に口座は開いたものの投資はしませんでした。

外国ETFが、ネット証券レベルの売買手数料で購入できるようになるのを僕も心待ちにしています。
ネット証券に要望しましょう。

>ナッキーさんへ

初めまして (^^)
投信倶楽部をご購入でしたか。確定拠出年金専用化は、とても残念でしたよね。
外国証券口座を開かれたなんてすごいですね!
僕もいずれ開きたいと思ってはいますが、今はとある事情で厳しいです。
よろしければ、海外での運用の実際を、どんな感じか教えてください。

>スマイリーさんへ

あらら。TISCO証券香港もですか。
海外の金融機関でそのようなトラブルがあると、日本の金融機関以上に、不安を感じると想像されます。心中お察しいたします。
あ、でもスマイリーさんは語学堪能ですから、モーマンタイでしょうか。

広東語は駄目なのです。

水瀬さん。どうも!
kz@銅鑼湾さんのところでも提携して香港口座開設ツアーなど企画して日本人客を取り込もうとて、これからというときにねえ。

基本的に英語でも中国語でも問題ないですが、やはり日本語が一番分かりやすい。
母国語ですから。

没(無)問題ですが
メイウェンティ 普通語
ボーブンテー  ミン南語

広東語はティンプトン・カンプトン(聴不懂、看不懂)です。
聴いても看ても分からない。の意味。

一説によると日本語のチンプンカンプンはこの中国語から来ているとの事。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

国内最安外債インデックスファンド「PRUマーケット・パフォーマー」

海外債券のインデックスファンドを購入するには、ソニー銀行で中央三井外国債券インデックスファンドを購入するのが一番有利だ、という記事を書いたところ、「キャピタルパートナーズ証券でPRU海外債券マーケット・パフォーマーを購入した方が有利ではないか」というアド

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)