NISA口座開設期限を前に、主要ネット証券3社(SBI証券・楽天証券・マネックス証券)に、あらためて「特定口座対応予定の有無」を質問しました

samp86fba5b49000692b.jpg

10月1日からのNISA口座開設手続き(金融機関による税務署への申請)開始に先立ち、そろそろどの金融機関でNISA口座を開設するか決めようと考えています。

どの金融機関がNISAに最適か? それは、何を重視するかで人それぞれだと思います。
私の場合、ポイントは海外ETFの「特定口座対応」です。

私はNISA口座に海外ETFを入れたいと考えています。ネット証券がよいと思っているのですが、あいにく、海外ETF(バンガードETF等の米国ETF)の特定口座対応をしているネット証券は、現在(2013年9月25日)ありません。

海外ETFを特定口座に入れられないと、一般口座に入れるしかありません。仕方がないので、現在、私はそうしています。

しかし、これだと売買により利益が出た時の「税務処理」を自分で行わなければなりません(確定申告)。また、国民健康保険に加入しているかた(自営業やフリーランスの方含む)は、利益が出ると健康保険料が上がってしまう場合があります。

特定口座に入れられれば、それらの懸念が解消されます。

この数年間、私は機を捉えて何度も要望を出してきました。投資イベントやブロガーミーティング等では社内の方に直接要望してきました。もちろん、ブログでも要望し続けてきました。

年月は過ぎ去り、時折マスコミ等から特定口座対応の意向が漏れ聞こえてくることはありましたが、いまだ実現に至っていません。でも、「ひとり一口座」というNISA口座の開設期限が近づきつつあるなか、私の中では、海外ETFの特定口座対応にそろそろ結論を出していただきたいという思いが高まりつつあります。

そこで、海外ETFの取り扱いがある主要ネット証券3社(SBI証券・楽天証券・マネックス証券)に対して、あらためて、NISA口座開設期限が迫っていることを踏まえた上での「特定口座対応予定の有無」と「予定があるのならその時期」を質問してみました。

もしかしたら、これが最後の確認になるかもしれません。場合によっては、保有資産の一斉引っ越しも検討します。ご回答が来たら、このブログでも取り上げたいと考えております。


P.S
もしご興味があれば私と同様に、各ネット証券に海外ETFの「特定口座対応予定の有無」と「予定があるのならその時期」を質問してみませんか? 多くの質問により、私たちの要望がより伝わるかもしれません。
関連記事


  



広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設&各種取引等で最大110,000円相当ポイントプレゼントキャンペーン実施中! (2017/04/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/04/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり


カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)