「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」13年11月分の投資を実行

水瀬ケンイチ

ちょいドル

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」2013年11月分の投資を、本日11月29日に行ないました。
<ご参考> ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法とは?

今月は、株価がほぼ一本調子に上がってしまったので、最終営業日での「根性なし投資」になってしまいました。

株価が上がると資産総額が増えてうれしいのですが、一方で、売却を始めるのはまだまだ先のことであり、安く仕込めないのが悲しいです。日本株だけは最終営業日に少し下げてくれたのが、せめてものの救いです。

積み立て商品は、以下の4本です。



・日本株式インデックスe
・外国株式インデックスe
・eMAXIS 新興国株式インデックス
・ダイワMRF


上から3本のインデックスファンドは、投資額が積み上がった段階で、更に低コストな海外ETF(VT: Vanguard Total World Stock ETF など)へ適宜リレー投資します。目安は海外ETF1銘柄あたり100万円分程度になったらです。

いちばん下のダイワMRFは、現在は四半期ごとに発売する個人向け国債変動10を購入するまで、3か月間寝かせています。来月12月以降は、毎月個人向け国債変動10を購入できるようになります(該当記事)。今後はより手間がかからなくなるでしょう。

12月に入ったら、NISAの口座をどの証券会社に作るかを決めようと考えています。

今まで、ネット証券各社ともNISAの詳細については、「未定、未定」がまかりとおってきましたが、制度開始まで1か月を切ったこの時期になると、さすがにもう未定は通用しないのではないでしょうか。各社のNISAでの運用について、ずっと気になっていた詳細部分をまとめて質問し、納得のいく回答をいただけたところで口座を作りたいと思います。

今後も、良質なサービスを提供する証券会社で、低コストな投資商品をうまく活用しながら、愚直に投資額を積み上げていこうと思います。


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いします。


<ご参考>
上記商品は、すべて楽天証券で購入しています。(会社名をクリックすると口座開設できます。もちろん無料)
楽天証券
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ