上げ相場で自分のリスク許容度を超えていないか、いま一度チェック

risk

目下、相場が好調なようです。でも、こういう時こそ、調子にのって自分の「リスク許容度」を超えた資産運用をしていないか、厳しくチェックするべきだと思います。

リスク許容度とは、資産運用に伴い発生する損失をどの程度受け入れられるかの度合をいいます。リスク許容度には、「率」で把握する方法(年間○○%の損失まで耐えられるか)と「金額」で把握する方法(年間○○円の損失まで耐えられるか)があります。

<関連記事>
2011/06/18 リスクを「率」で見るか、「額」で見るか?

私たち資産形成世代の場合、資金を年々積み上げていきます。その条件下では、リスク許容度の「率」把握は、運用の自由度が高くアグレッシブになり、「金額」把握は、運用の制限が厳しくディフェンシブになるケースが多いでしょう。

個人的には、リスク許容度は「率」で把握する派なのですが、投資仲間の話を聞いていると、これはどうやら少数派のようです。

自分の考え方や性格に合わせて、どちらを採用してもよいとは思います。大切なのは、長い運用期間中に、損失に耐え切れなくなって、市場から退場せざるをえない状況を回避することです。

ただし、ダメなのは、相場が悪い時には「金額」把握で引き締め、相場が良くなってくると「率」把握に切り替えて投資金額を拡大するといった具合に、リスク許容度の把握方法を、相場が良い時と悪い時で変えてしまうことです。

上げ相場でリスク許容度が大きくなり、下げ相場でリスク許容度が小さくなるという方がたまにいらっしゃいますが、それは単なる「気の大きさ」であって、本当の意味での「リスク許容度」ではありません。

繰り返しになりますが、上げ相場の時こそ、自分のリスク許容度を超えた資産運用をしていないか、厳しくチェックしましょう。私もいま一度チェックします。
関連記事


  





トラックバック

NISAで何を買いますか?(Dec.2013)

みなさん、NISAの利用法を考えてますか? 自分は、まだここまでしか考えてませんでした。 ↓ 結局、どこでNISAをやるの?(Sep.2013) × 作らない ◎ SBI証券 ○ カブドットコム証券 ▲ マネックス証券 ▲ 楽天証券 × フィデリティ証券 × 松井証券 ☆ みずほ銀行 (記号:◎本命、○対抗、▲単穴、☆大穴、×無印) 今回は、具体的...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大100,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/09/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/09/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)