「ETFカンファレンス2013」における値千金のセミナー動画が無料公開

morningstar
先日のイベント「ETFカンファレンス2013」における、モーニングスター朝倉氏の値千金のセミナー動画が、無料公開されています。

モーニングスターETFカンファレンス2013
基調講演「NISAを始める前に考える最適なポートフォリオの作り方」

詳しくは上記動画をじっくり見てほしいのですが、インデックス投資を中心とした見応えのある内容となっています。

動画の流れは、以下のとおり。各トピックにジャンプすることもできるようです。

「NISAを始める前に考える最適なポートフォリオの作り方」

Part1 資産運用マーケットの潮流
・米国投信(米国株&米国債券)の純資産残高の推移
・米国のインデックス運用の純資産残高の推移(Mutual Funds VS ETF)
・米国ETFの純資産残高の推移
・米国ETFの運用会社トップ3の残高シェア

Part2 インデックス VS アクティブ
・インデックスとアクティブの運用パフォーマンスの比較<国内株式型ファンド>
・インデックスとアクティブの運用パフォーマンスの比較<国際債券型ファンド>
・ポートフォリオ運用(安定型)におけるインデックス VS アクティブ
・ポートフォリオ運用(成長型)におけるインデックス VS アクティブ

Part3 ポートフォリオの構築で注意すべき点
・標準的なポートフォリオの考え方
・公的年金の資産構成比と運用実績
・企業年金の資産構成比と運用実績
・標準的なポートフォリオの考え方
・アロケーションファンドの資産配分は様々
・バランス型ファンドのリスク・リターン特性(1)
・バランス型ファンドのリスク・リターン特性(2)
・リスク水準の目標を定めたポートフォリオ運用とは?
・景気サイクルにより資産配分を変えることは可能か?

Part4 ETFを活用して最適なポートフォリオを構築する
・新興国株式ファンドの比較
・ETFの選択のポイント
・同じ資産クラスでもポートフォリオの中身は違う
・米国のアドバイザーがETFを選択する際に最も重視する点
・ETFでコア&サテライトのポートフォリオを構築する
・投信ポートフォリオにサテライトとしてETFを活用する
・これからの運用で大切なこと


興味深いトピックが盛りだくさんです。これらのトピック自体も素晴らしいのですが、全体を通して、特に「これはすごい」と思ったことが2点あります。

1つ目は、モーニングスターという投資信託の評価を生業とする会社の代表が、ビジネスの主要顧客であろうアクティブファンドではなく、インデックスファンド・ETFを薦めるという勇気ある行動を起こしているということです。

いくら個人投資家にとってよい投資法であっても、ビジネス上のしがらみがある金融機関にとって面白くない話を代表自らがするというのは、なかなかできることではありません。

2つ目は、朝倉氏がポートフォリオのリスクを数値データ(標準偏差)で解説してくれたことです。

著書や講演を拝見している限り、以前はリスクを標準偏差で数値化することを避けていたように思います。それは、リーマン・ショック時、一時的に2標準偏差を上回る暴落が観測され、金融の世界でのリスクの常識が崩れたという思いがおありになったのだろうと邪推しています。

しかしながら、その場合、朝倉氏が推奨する新興国株式等への投資において、高いリターンばかりが取り上げられ、それに付随する高いリスクの説明がおろそかになっていた面があると、常々指摘させていただいていました。また、リスクを数値で表さないと、最近注目されてきたリスク抑制型の運用を説明することもできません。

ここへきて(正確には9月の最新刊あたりから)、リスクを年率の標準偏差で表し、各種アセットクラスの組み合わせによる分散効果(リターンをそれほど下げずにリスクを下げること)もデータで表してくれるようになっています。読者・視聴者にとって、マーケットの実態をより理解しやすくなったのではないでしょうか。

投資の世界は科学ではないと思います。様々な感情が渦巻くマーケットで起きていることを、数値や数式で完全に捉えることは難しいと思います。ポートフォリオ理論も完全なものではありません。

ただ、一時的に異常値が出るものであったとしても、マーケットという不可解なものを理解するために、シンプルかつ概ねモレのない構成要素で、より実態に近づこうとするアプローチは意味があることだと思いますし、私はけっこう好きです。

上記2点以外にも、モーニングスターだけあって、投信やETFについての貴重なデータが盛りだくさんになっており、この動画は、個人投資家にとって値千金の内容になっていると思います。

「タダより高いものはない」と言いますが、ブログを書くために日々いろいろな投資情報を見ている中で、この内容で無料というのは、ありえないくらい良心的だと思います。

最後に、モーニングスターさんにお願いです。スピーチも素晴らしいのですが、プレゼン資料も豊富なデータ満載で価値ある資料になっています。ぜひ、プレゼン資料をダウンロードできるようにしていただきたく、よろしくお願いします。m(_ _)m
関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)