上げ相場ではしゃぎ過ぎるアカウントの末路

水瀬ケンイチ




昨年2013年の日経平均は、年率55.6%も上げたそうですね。昨年のこの上げ相場を受けて、年が明けても投資家の間でハイテンションな雰囲気が続いているように感じます。

ブログやツイッターを見ていると、インデックス投資家もどうも例外ではないようです。

インデックス投資は本来、退屈な投資法です。興奮してしまうのは、何かがおかしい証拠です。たとえば、ご自身のリスク許容度に対して投資金額が多すぎるとか、ポートフォリオの株価比率が高すぎるとかいったことはないでしょうか。

上げ続ける相場もなければ、下げ続ける相場もありませんでした。長い目で見れば、毎年騰落を繰り返しながら、年率数パーセント(水瀬の場合は年率5%)の期待リターンに収斂していくことが、淡く期待できる程度です。

インデックス投資家の皆さまにおかれましては、良い時も悪い時も市場から退場にならないよう、落ち着いて淡々といきましょう。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ