上げ相場ではしゃぎ過ぎるアカウントの末路


昨年2013年の日経平均は、年率55.6%も上げたそうですね。昨年のこの上げ相場を受けて、年が明けても投資家の間でハイテンションな雰囲気が続いているように感じます。

ブログやツイッターを見ていると、インデックス投資家もどうも例外ではないようです。

インデックス投資は本来、退屈な投資法です。興奮してしまうのは、何かがおかしい証拠です。たとえば、ご自身のリスク許容度に対して投資金額が多すぎるとか、ポートフォリオの株価比率が高すぎるとかいったことはないでしょうか。

上げ続ける相場もなければ、下げ続ける相場もありませんでした。長い目で見れば、毎年騰落を繰り返しながら、年率数パーセント(水瀬の場合は年率5%)の期待リターンに収斂していくことが、淡く期待できる程度です。

インデックス投資家の皆さまにおかれましては、良い時も悪い時も市場から退場にならないよう、落ち着いて淡々といきましょう。
関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)