週刊東洋経済に梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーが初掲載

東洋経済 2014年 1/25号

週刊東洋経済 2014年1月25日号に、梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーと水瀬が掲載されました。東洋経済に掲載されるのは初めてのことです。

週刊 東洋経済 2014年 1/25号 [雑誌]週刊 東洋経済 2014年 1/25号 [雑誌]

東洋経済新報社 2014-01-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「今年から始める株・投信」という特集で、P.75に「有名ブロガー水瀬ケンイチ氏が明かすインデックス投資の心得」というコラムが掲載されています。これは昨年のクリスマスの日に、東洋経済新報社の取材をお受けした時のものです。

(いや、クリスマスの夜にそんなことしてていいのか?というお話もありますが、この日を指定してきたのは先方でして……^^;)

取材時にはインデックス投資全般にわたって質疑応答があったのですが、この記事では、資産配分やインデックスファンド銘柄などの方法論ではなく、人生における投資の位置づけやリスク許容度の考え方など、インデックス投資家のマインド面を中心にまとめられていました。まさに「心得」といったところでしょうか。

具体的な銘柄等については、この記事の前後にあるイボットソン・アソシエイツ・ジャパン島田知保氏による投信解説記事や、昨年12月に発表された「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2013」の受賞ファンドなどを参考にしてください、ということなのかもしれません。

この号の「今年から始める株・投信」特集の投信パートは、かつてマネー誌にありがちだった、高コストな(金融機関の利幅の大きい)アクティブファンドだけを、魂を売ったFPがひたすらオススメするといったようなことはありませんでした。長期・分散・低コストを基本にして、華はないけど誠実で、「今年から始める」方々にとってもまっとうな内容になっていると思います。

ご興味があれば、ぜひ書店等で手に取ってご覧ください。
または、こちらからどうぞ →週刊 東洋経済 2014年 1/25号 [雑誌](Amazonにリンク)
関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大10,200円分の投信買付代金プレゼントキャンペーン実施中(2017/06/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大2ヶ月国内株式手数料実質0円キャンペーン実施中(2017/06/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)