週刊東洋経済に梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーが初掲載

水瀬ケンイチ

東洋経済 2014年 1/25号

週刊東洋経済 2014年1月25日号に、梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーと水瀬が掲載されました。東洋経済に掲載されるのは初めてのことです。

週刊 東洋経済 2014年 1/25号 [雑誌]週刊 東洋経済 2014年 1/25号 [雑誌]

東洋経済新報社 2014-01-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「今年から始める株・投信」という特集で、P.75に「有名ブロガー水瀬ケンイチ氏が明かすインデックス投資の心得」というコラムが掲載されています。これは昨年のクリスマスの日に、東洋経済新報社の取材をお受けした時のものです。

(いや、クリスマスの夜にそんなことしてていいのか?というお話もありますが、この日を指定してきたのは先方でして……^^;)

取材時にはインデックス投資全般にわたって質疑応答があったのですが、この記事では、資産配分やインデックスファンド銘柄などの方法論ではなく、人生における投資の位置づけやリスク許容度の考え方など、インデックス投資家のマインド面を中心にまとめられていました。まさに「心得」といったところでしょうか。

具体的な銘柄等については、この記事の前後にあるイボットソン・アソシエイツ・ジャパン島田知保氏による投信解説記事や、昨年12月に発表された「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2013」の受賞ファンドなどを参考にしてください、ということなのかもしれません。

この号の「今年から始める株・投信」特集の投信パートは、かつてマネー誌にありがちだった、高コストな(金融機関の利幅の大きい)アクティブファンドだけを、魂を売ったFPがひたすらオススメするといったようなことはありませんでした。長期・分散・低コストを基本にして、華はないけど誠実で、「今年から始める」方々にとってもまっとうな内容になっていると思います。

ご興味があれば、ぜひ書店等で手に取ってご覧ください。
または、こちらからどうぞ →週刊 東洋経済 2014年 1/25号 [雑誌](Amazonにリンク)
関連記事
楽天カード ←私も愛用のカード
楽天証券、楽天キャッシュとの相性バッチリのクレジットカード。普段の買い物でポイントゲット(100円につき1ポイント)、楽天市場でさらにお得(100円のお買い物で3ポイント)、楽天ポイントカード加盟店にて裏面のバーコード提示でさらにポイントが貯まる。

MATSUI SECURITIES CARD
松井証券と相性バッチリのクレジットカード。普段の買い物で松井証券ポイントゲット(200円につき1ポイント)、貯まったポイントを利用して投資信託を購入可能、積立設定をすれば毎月自動的に全ポイントを投資信託の積立にあててポイント失効なし。

イオンカードセレクト(ミッキーマウス デザイン)
近所にイオングループの店舗があってよく利用する人に相性バッチリのクレジットカード。他店舗での買い物は200円につき1ポイントですが、イオングループ各店舗では200円につき2ポイント。毎月20日・30日はクレジット払い、またはWAON払いで買い物代金が5%OFF! ←これはデカい


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ