バンガード、VTなど海外ETF3銘柄の経費率改定。もちろんコスト低下方向へ!

vanguard logo
バンガードの公式サイトによると、ETFの経費率がまた下がりました。

バンガード・インベストメンツ・ジャパン WEBサイト
2014/02/28 バンガードETF™経費率改定のお知らせ

銘柄は以下の通りです。

バンガード・FTSE・オールワールド(除く米国)スモールキャップETF(VSS)
 経費率 年率0.25% → 0.20%

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)
 経費率 年率0.19% → 0.18%

バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)
 経費率 年率0.18% → 0.15%

私が保有している銘柄もあり、うれしいです。VTの経費率なんてたった年率0.18%ですよ、奥さん。あなたの投資信託の信託報酬は年率何%ですか? 将来のリターンは「不確実」ですが、コストは「確実」にあなたのリターンを蝕みます。

バンガードは資産規模の拡大などにより、ここのところ毎年コストを下げてくれています。その秘訣は、投資家が株主になるユニークな組織形態や投資哲学にあるのですが、そのあたりは、「インデックス・ファンドの時代」(ジョン・ボーグル著)に詳しいです。

とにもかくにも……バンガードさん、グッジョブ!!(°∀°)b


インデックス・ファンドの時代―アメリカにおける資産運用の新潮流インデックス・ファンドの時代―アメリカにおける資産運用の新潮流
ジョン・C. ボーグル John C. Bogle

東洋経済新報社 2000-10
売り上げランキング : 133880

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


<ご参考>
上記海外ETFは、以下の主要ネット証券で購入できます。口座開設は無料です。
楽天証券
SBI証券
マネックス証券

関連記事


  





トラックバック

VT(海外ETF)の値下げキターーー!

私が愛読している梅屋敷商店街のランダムウォーカーさんでも紹介されていましたが、バンガードの海外ETFの経費が更に値下げされたようですね! 私がメインで投資しているVT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)の経費も年率0.19%⇒0.18%に値上げ! 3500万円分ほど保有しているので、年間で約3500円分の値下げです。 ますますVTを含め、バンガードさんの虜になりそうです!...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)