バンガード、VTなど海外ETF3銘柄の経費率改定。もちろんコスト低下方向へ!

水瀬ケンイチ

vanguard logo
バンガードの公式サイトによると、ETFの経費率がまた下がりました。

バンガード・インベストメンツ・ジャパン WEBサイト
2014/02/28 バンガードETF™経費率改定のお知らせ

銘柄は以下の通りです。



バンガード・FTSE・オールワールド(除く米国)スモールキャップETF(VSS)
 経費率 年率0.25% → 0.20%

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)
 経費率 年率0.19% → 0.18%

バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)
 経費率 年率0.18% → 0.15%

私が保有している銘柄もあり、うれしいです。VTの経費率なんてたった年率0.18%ですよ、奥さん。あなたの投資信託の信託報酬は年率何%ですか? 将来のリターンは「不確実」ですが、コストは「確実」にあなたのリターンを蝕みます。

バンガードは資産規模の拡大などにより、ここのところ毎年コストを下げてくれています。その秘訣は、投資家が株主になるユニークな組織形態や投資哲学にあるのですが、そのあたりは、「インデックス・ファンドの時代」(ジョン・ボーグル著)に詳しいです。

とにもかくにも……バンガードさん、グッジョブ!!(°∀°)b


インデックス・ファンドの時代―アメリカにおける資産運用の新潮流インデックス・ファンドの時代―アメリカにおける資産運用の新潮流
ジョン・C. ボーグル John C. Bogle

東洋経済新報社 2000-10
売り上げランキング : 133880

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


<ご参考>
上記海外ETFは、以下の主要ネット証券で購入できます。口座開設は無料です。
楽天証券
SBI証券
マネックス証券

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ