EXE-iシリーズが楽天証券でも取り扱い開始

EXE-iシリーズ

SBIアセットマネジメントは、「EXE-i」(エグゼアイ)シリーズを楽天証券が取り扱い開始したと発表しました。

SBIアセットマネジメント WEBサイト
2014/03/28 楽天証券株式会社が募集・販売の取扱いを開始いたしました。

低コストなインデックスファンド(正確にはETFを組み合わせたファンド・オブ・ファンズ)であるEXE-iシリーズは、老舗のSMTインデックスシリーズやeMAXISシリーズよりも、さらに運用コストが低い銘柄が多く、インデックス投資家の熱い視線を集めています。

SBIアセットマネジメントが運用しており、今まで「主要ネット証券」では、SBI証券でしか取り扱われていませんでした。

SBI証券からすれば、コスト競争力のあるEXE-iシリーズを、主要ネット証券で唯一取り扱っていることが、ひとつの差別化要素になっていました。そこへ、ライバルである楽天証券も取り扱いを開始したということは、意味があることだと思います。

ただ、EDINETで見る限り、本日(2014年3月29日)時点で楽天証券取り扱い銘柄が、「EXE-i グローバル中小型株式ファンド」だけというのが気になります。

私が今まで見てきた印象では、楽天証券というのは、投資信託について、「片っ端から全部取り扱ってやろう!」「数で勝負だ!」というスタンスであったように感じています(良くも悪くも)。シリーズの一部のファンドだけをセレクトすることは考えにくいです。

来週以降、他の銘柄にも拡大するのか、それとも、何かの事情で制約を受けているのか、少し気になるところです。続報が出次第、このブログ記事に追記していきたいと思います。


<ご参考>
上記ネット証券は、以下から口座開設できます(無料)
楽天証券
SBI証券
関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)