EXE-iシリーズが楽天証券でも取り扱い開始

水瀬ケンイチ

EXE-iシリーズ

SBIアセットマネジメントは、「EXE-i」(エグゼアイ)シリーズを楽天証券が取り扱い開始したと発表しました。

SBIアセットマネジメント WEBサイト
2014/03/28 楽天証券株式会社が募集・販売の取扱いを開始いたしました。



低コストなインデックスファンド(正確にはETFを組み合わせたファンド・オブ・ファンズ)であるEXE-iシリーズは、老舗のSMTインデックスシリーズやeMAXISシリーズよりも、さらに運用コストが低い銘柄が多く、インデックス投資家の熱い視線を集めています。

SBIアセットマネジメントが運用しており、今まで「主要ネット証券」では、SBI証券でしか取り扱われていませんでした。

SBI証券からすれば、コスト競争力のあるEXE-iシリーズを、主要ネット証券で唯一取り扱っていることが、ひとつの差別化要素になっていました。そこへ、ライバルである楽天証券も取り扱いを開始したということは、意味があることだと思います。

ただ、EDINETで見る限り、本日(2014年3月29日)時点で楽天証券取り扱い銘柄が、「EXE-i グローバル中小型株式ファンド」だけというのが気になります。

私が今まで見てきた印象では、楽天証券というのは、投資信託について、「片っ端から全部取り扱ってやろう!」「数で勝負だ!」というスタンスであったように感じています(良くも悪くも)。シリーズの一部のファンドだけをセレクトすることは考えにくいです。

来週以降、他の銘柄にも拡大するのか、それとも、何かの事情で制約を受けているのか、少し気になるところです。続報が出次第、このブログ記事に追記していきたいと思います。


<ご参考>
上記ネット証券は、以下から口座開設できます(無料)
楽天証券
SBI証券
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ