【追記あり】新たなスマートベータ指数「MSCIドメサカ指数」登場



モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナルは、「MSCIドメサカ指数」を開発したと発表しました。

MSCIドメサカ指数とは、正式名称 MSCI Domestic Soccer Index のことで、日本のサッカークラブのスポンサー企業の財務体質が堅固であることに着目した新たな“スマートベータ指数”とのこと。

昨シーズンJリーグ優勝のサンフレッチェ広島スポンサーの「エディオン」をはじめ、ナビスコ杯優勝柏レイソルの「日立製作所」、天皇杯優勝横浜F・マリノスの「日産自動車」、鹿島アントラーズの「LIXIL」、清水エスパルスの「鈴与」、大宮アルディージャの「NTTドコモ」、ヴァンフォーレ甲府の「はくばく」など、バラエティに富んだ企業構成になっています。

最近は、株式時価総額比率に対するアンチテーゼとしてのスマートベータ指数が注目されています。MSCIドメサカ指数も、株式時価総額に関係なく均等配分することが特徴となっています。自ずと、株式時価総額比率に対して大型株のウェイトが小さく、中小型株のウェイトが高くなり、「ジャイアントキリング」的な熱い構成になります。

また、この指数は、個人投資家の資産形成と同時に、日本のスポーツ発展に貢献するCSR的な意味もあり、今後の展開に可能性を感じます。

私はJリーグの某弱小クラブチームのサポーターですし、インデックス投資家としては、このMSCIドメサカ指数に連動したインデックス商品の登場を期待します。

昨シーズン得点王の大久保嘉人選手を擁する川崎フロンターレのスポンサーはSMBC日興証券です。そこと同じ三井住友フィナンシャルグループの日興アセットマネジメントあたりが、ETFを組成してくれるような気もしますが、いかがでしょうか。

ただし、スマートベータ指数といっても日本株式クラスの指数であることにはかわりなく、この指数だけに集中投資するのは、国際分散投資の観点から問題があります。たとえ、熱狂的Jリーグサポーターであっても、ポートフォリオの一部にとどめておくことをおすすめします。


P.S 追記 4/1(火) 12:55
この記事の大事な続きはこちら。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-2482.html

関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)