GPIFがスマートベータ指数やJ-REIT採用と話題になっていますが

photo20140408.png

公的年金を運用するGPIFが、国内株式運用に、JPX日経400などスマートベータ指数を採用したとのことです。

GPIF:国内株運用に日経400、スマートベータ採用-J-REITも

 4月7日(ブルームバーグ):世界最大の年金基金、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は国内株式での資産運用で、新株価指数の採用や「スマートベータ型」アクティブ運用、J-REIT(不動産投資信託)投資などに踏み切った。7年ぶりに委託先を見直し、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントなどを採用した。
ロイター 2014/04/07より)


かねてより、これには賛否両論あるようですが、個人的には、状況はあまり変わらないのではないかと予想しています。なぜなら……

今回は、日本株式クラスの資産配分(アセットアロケーション)は変わらないからです。

JPX日経400などのスマートベータ指数に賛否両論があり、また、J-REIT投資にも踏み切ると報道されていることから、一部で話題になっていますが、それらはしょせん日本株式クラスの「中身」の話でしょう。

アセットアロケーションの重要性の解説でよく引き合いに出される、「投資成果の8~9割はアセットアロケーションで説明できる」という研究成果に照らして考えれば、日本株式クラスの中身がインデックスだろうが、アクティブだろうが(実際、両方混ざっています)、スマートベータであろうが、ポートフォリオ全体の投資成果に与える影響はそう大きくないであろうという考えです。(正確には、「時系列変動の8~9割はアセットアロケーションで説明できる」ですが)

「でも、ロイターにはJ-REITに踏み切ると書いてあるので、アセットアロケーションの変更では?」と思った方もいらっしゃるかもしれません。

これは、J-REITクラスという新たなアセットクラスが登場するということではなく、JPX日経400にREITが一部含まれることになるというだけかと。JPX日経400に含まれるJ-REITの比率を調べてみると、1%にも満たないことがわかります(2014年3月31日時点)。日本株式クラスについてくる「オマケ」みたいなものだと思います。

そもそも、MSCIコクサイ指数やS&P500などの外国株式インデックスにもREITは含まれているのですが、なぜそこはスルーして、日本株式インデックスにREITが含まれることを大きく取り上げるのかがよくわかりません。

個人のインデックス投資を行なう中で、GPIFの運用は大いに参考にしているところですが、今回のGPIFの方針発表は静観しております。
関連記事


  





トラックバック

GPIFが国内株式運用のベンチマークにスマートベータ指数採用

公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は運用資金120兆円の12%(18兆円)を国内株式に割り当てています。 国内株式のインデックス運用のベンチマークは今までTOPIX(東証株価指数)のみだったのが、スマートベータ指数であるJPX日経400インデックス、MSCIジャパン、ラッセル野村プライムのインデックスの採用も決定したとのことです。 皆さんも既...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)