もっとカネ、カネ、カネのこわい人かと思っていました

水瀬ケンイチ

相互リンクブログ「いつか子供に伝えたいお金の話」のこの記事に共感するところ大です。

いつか子供に伝えたいお金の話
2014/04/26 いつもお金のことを考えていて、仕事を辞めたくて仕方ない?



そう、私も投資ブログを書いているので、四六時中お金のことを考えている「金の亡者」みたいに思われていることがあります。

投資イベントなどで初めてお会いした方から、「水瀬さんは、もっとカネ、カネ、カネのこわい人かと思っていました」と言われることがあります。

考えて見れば、これは当然です。私はテレビに日常的に登場する有名人などではなく、どこにでもいるふつうのサラリーマンです。読者の方々からすれば、私がどういう人間かはブログの記事内容から推しはかるしかありません。そのブログがお金の話ばかりなのですから、「金の亡者」と思われても仕方がありません。

「いつか子供に伝えたいお金の話」さんのブログ記事にもあるように、私の頭のなかも「投資」が占める割合は低いです。1割もありません。仕事や家族や趣味のことが圧倒的な割合を占めています。

拙書「ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド」にも書きましたが、かつて私は、個別株投資にのめり込むあまり、生活が投資中心になってしまった(トイレ・トレーダー)反省から、あまり手間がかからず、基本ほったらかしにできるインデックス投資を採用しました。

あれから10年以上、投資に手間をかけず空いた時間で、人生の重要ごと(仕事や家族や趣味など)に時間を使いたいと思ってやってきました。もし、私が金の亡者だったら、とっくに生活が破綻していたと思います。

ただ、「いつか子供に伝えたいお金の話」さんと少し違うのは、私は「早期リタイア」というものを少し意識しています。もちろん、現在の仕事を手抜きしているわけではありませんが、自分が将来やりたいことを実現するためには、今の仕事を続けていてはできないため、今から少しずつ準備しています。

金の亡者と思われているのはなんだか悲しいですし、人前にはほとんど出ないので、ブログではお金や投資の話ばかりではなく、このような「自分の話」ももっと書いていった方がいいかもしれないなと思いました。個人ブログですし。

(一方で、投資以外のことをたくさん書くと「なんのブログだよ?」とお叱りもいただくので、バランスは難しいのですが……)


関連記事
広告
投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ