公共料金の支払いを還元率の高いクレジットカードに変更

creditcard.jpg

公共料金の支払いに使っていたクレジットカードを、還元率が高いカードに変更しました。

水瀬家はふたり暮らしなので、公共料金はたいした金額ではないと思っていましたが、年間10万円以上にはなります。惰性で登録したままになっていた一般的な還元率0.5%のカードから、還元率1.0%のカードに変更しました。

ざっくり10万円の0.5%は500円、20万円なら1,000円なので、馬鹿にならないと思い手続きをしました。お客様番号を調べたり、申込書を取り寄せたりするのは面倒です。でも、これは一度やってしまえばあとは効果がずっと続く、「我慢しなくていい」タイプの節約なので、ゴールデンウィークにエイヤ!とまとめてやってしまいました。

これを投資として考えれば、年間の期待リターンをノーリスクで0.5%上げるという神業(おおげさ?)と言えなくもありません。

なお、「口座振替割引」があるサービスは、カード払いと節約額を比較した上で、銀行口座引き落としをあえて選択しているものもあります。

「還元率の高いクレジットカードって、具体的にどのカード?」と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、内緒にしておきます。自分の生活とお金の使い方によって、もっともフィットするカードは人それぞれ違うと思いますので。
関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)