投信の管理手数料、10年で14%値上がり

ここのところ、投資信託の「販売手数料」の方は無料化が進んでいると報じられていましたが(関連記事)、残念なことに、「信託報酬」の方は逆に上がっているようです。

【NIKKEI NET 2006/6/25より引用】
投信の管理手数料、10年で14%値上がり
 個人が投資信託を購入したあとに運用会社や販売会社に対して毎年支払う管理手数料(信託報酬)がじわり上昇している。3月末時点で販売されている投信の平均手数料は10年前に比べ、14%上昇した。新興国へ投資する株式ファンドなど管理コストが高い投信が増えたのに加え、運用会社間の競争激化で証券会社・銀行の収入になる信託報酬を引き下げにくい面があるためだ。
 信託報酬は運用成績にかかわらず自動的に徴収され、運用会社と販売会社の収益となる。米系の有力投信評価会社、モーニングスターの調査によると、3月末に販売されている投信の信託報酬の平均は契約資産の1.27%。10年前に比べ0.16ポイント上がっている。 (07:01)
【引用終わり】

「運用会社間の競争激化で証券会社・銀行の収入になる信託報酬を引き下げにくい面があるためだ」なんてさらりと書いてありますが、あきらかにおかしいと思います。
普通、競争が激化したら、価格は下がるものでしょう?
逆に価格が上がるとは、いったいどういうことでしょうか。

以前読んだ「投資戦略の発想法」(木村剛著)は「販売が主で運用は従、これが日本の投信の実態だ」と言っています。更に、「販売優先の理論で、投資家の立場など配慮されていない場合が少なくなかった」と指摘しています。

要するに、運用会社にとっては、販売会社がお客さんであって、投資家がお客さんではないのでしょう。
この歪んだ構造が、投資信託市場の競争が激化しているのに価格が高くなるという、不思議な現象を引き起こしているのだと思います。
構造問題なので、私たち投資家は黙って指をくわえているしかないのでしょうか。

私たち投資家ができることは、投資信託を選ぶ際に、きちんとコスト(販売手数料・信託報酬ともに)に目を配り、高コストの投資信託は、いくらパンフレットが豪華でも、いくら販売会社から勧められても、絶対に買わないようにすることです。

できることならば、信託報酬が2%とか3%もあるような投資信託を勧めてくる販売会社に対しては、まるで大根1本500円で売っている八百屋に対して主婦が吐き捨てるように、「高ぇよ、こんなの誰が買うかい!」と忠告してあげましょう(笑)

それは冗談としても、投資家側のコストに対する目が厳しくなってくれば、販売手数料・信託報酬が高い投資信託は徐々に売れなくなってくるはずです。
そして、販売会社は、競争に勝つためには売れる商品(=低コストの投資信託)も揃えざるを得なくなるでしょう。運用会社も、低コストの投資信託を組成することになると思います。

そうなれば、投資信託市場の競争が激化しているのに価格が高くなる、などという馬鹿げた話はなくなるのではないでしょうか。
関連記事


  





コメント

TB&リンクありがとうございます。

TB&リンクありがとうございます。
自分の方は、勝手にリンクを貼り付けていました。。。
宜しくお願い致します。
販売手数料が安くなり、信託報酬が上がっているというのは、目先を変えているだけ?
トータルコストを意識して、販売会社の言いなりにならないように、自己防衛が必要なのかもしれませんね。

コメントありがとうございます

>tuneさんへ

こちらこそよろしくお願いいたします。
コスト意識は本当に大切だと思います。自分にも言い聞かせていきたいと思っています。

ところで、チューンさんとお読みすればよいのでしょうか?
それともツネさん??

RE:コメントありがとうございます

>ところで、チューンさんとお読みすればよいのでしょうか?
>それともツネさん??

ツネです。
ネット暦だけは長く、昔から、このハンドルネームです。
本当は、変えておきたかったのですが、何も思い浮かばず、今に至っています。~_^;;

コメントありがとうございます

>tuneさんへ

ツネさん、よろしく!

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

これだけは読みたい!資産運用のオススメ本ベスト5

私は月数冊のペースで資産運用本を読んでいるが、ここで、資産運用の初心者・中級者にこれだけは読んでおいてほしい、と思うオススメの本を紹介したい。まず、世の中には間違った資産運用情報が氾濫しているという現実に気づくことが重要だと思う。そのために最適の本は、山

投信管理手数料が上昇!!

個人が投資信託を購入した後に運用会社や販売会社に毎年支払う管理手数料(信託報酬)がじわり上昇している。3月末時点で販売されている投信の平均手数料は十年前に比べて14%上昇した。  日経新聞6/25朝刊 3面よ...

投資信託の低コスト化には何が必要?

ここ最近、投資信託をテーマとしたブログで活発に「投資信託の低コスト化には何が必要か?」という記事が掲載されていましたので、当ブログでも「投資信託の低コスト化には何が必要か?」について取上げてみたいと思い

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)