「みずほインデックス投資戦略ファンド」をインデックス投資家が見ると

みずほ銀行は、「みずほインデックス投資戦略ファンド(愛称:i パズル)」を取り扱い開始すると発表しました。

みずほ銀行 WEBサイト
2014/05/19 投資信託「みずほインデックス投資戦略ファンド(愛称:i パズル)」の取扱開始について

国内外の債券、株式、REIT、コモディティの各インデックスファンド等に分散投資するファンドで、資産配分は、運用会社の判断により機動的に変更を行なうそうです。

信託報酬は年率 0.8964%~0.9814%程度(税込)と、1%以内ではあるものの、インデックスファンド(およびそれらを組み合わせたバランスファンド)としては、他のライバルファンドと比較してやや高めです。コモディティが入っているから高いのかもしれませんが、それも資産配分がわからないことには判断しづらいところ。

ただ、よくあるファンド・オブ・ファンズ形式ではなく、ファミリーファンド形式なので、投資先の各インデックスファンドの信託報酬が別途かかることはなさそうです。

ふむふむと思いながら、みずほ銀行の資料を読み進めていくと、こう書かれていました。

購入時手数料 一律1.08%(税込)


・・・・・・はい解散!


今どき、インデックスファンド(およびそれらを組み合わせたバランスファンド)で、購入時手数料(販売手数料)を取るのは、ちょっと考えられません。

EDINETの有価証券届出書によれば、購入時手数料(販売手数料)は「1.08%(税抜1.00%)を上限として、販売会社が独自に定めることができます」と書かれています。みずほ銀行以外で、ノーロードで提供する販売会社が出てきた時に、検討の俎上にのせればよいと思います。

※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いします。

関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)