確定拠出年金(DC)の掛け金上限引き上げ。非課税口座でより多く投資できると思ったら……

DC

確定拠出年金(DC)の掛け金の上限が、引き上げられるようです。

掛け金上限、5万5000円に引き上げ閣議決定 確定拠出年金
 政府は13日、加入者ごとの運用成績に応じて受け取る年金額が変わる企業型の確定拠出年金について、毎月の掛け金の上限を10月に引き上げる政令を閣議決定した。通常は5万1000円から5万5000円に、他の企業年金と組み合わせる場合は2万5500円から2万7500円に上がる。国民の老後の生活を充実させる狙い。
(日経電子版 2014/06/13より)


私の勤務先も確定拠出年金が導入されたので、これは自分にも恩恵がありそう。現在、勤務先の拠出限度額は25,500円です。拠出限度額が27,500円になったら、今までより2,000円多く投資できるようになります。

毎月2,000円とはいえ、非課税口座でより多く投資できるようになるので、確定拠出年金を導入した企業で働く者として、これは大歓迎です。

「わ~い!わ~い!」と浮かれていたら、「あれ?ちょっとまてよ…」と何かが頭をよぎりました。

会社で何度も受講させられた確定拠出年金研修の資料にあった、「マッチング拠出のルール」です。社員が任意で追加拠出できるマッチング拠出は、「拠出限度額まで」という条件に加え、「会社掛け金と同額まで」という条件もあるということを。

悲しいかな私の場合、MAX拠出(会社掛け金と同額をマッチング拠出)しようとしても、会社掛け金自体が少ないので、拠出限度額の25,500円にも達しないという状態にあります。たとえ、拠出限度額が27,500円に上がったとしても、その恩恵にはあずかれないと思われます。

この「会社掛け金と同額まで」というケチくさい付加条件、やめてほしいです。これは、「企業年金は主たる拠出者は会社である」という考え方にもとづいているらしいのですが、個人的にはありがた迷惑です。

もっとも、「お前の給料が安いから、会社掛け金も安いんだろう」というご指摘を受けたとすれば、そのとおりとしか言いようがありません。確定拠出年金制度をフル活用できる状況にあるかたが、うらやましいです。


<ご参考>
確定拠出年金界の草分け的存在、大江英樹氏の企業型確定拠出年金についての本です。自分の確定拠出年金設定の際、とても参考になりました。

自分で年金をつくる最高の方法 (コミュニティ・ブックス)
大江英樹
日本地域社会研究所
売り上げランキング: 108,709


関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)