2014年6月末のアセットアロケーションと主な投資商品

水瀬ケンイチ

毎年2回、6月末と12月末にアセットアロケーションの把握をしています。前回から半年たったので再計算しました。

アセットアロケーション(2014年6月末時点)


アセットアロケーション(2014/06/30)



日本株式 9.5%
先進国株式 41.5%
新興国株式 12.7%
REIT 1.5%
外国債券 4.2%
日本債券 30.5%

半年前とほとんど変わっていません。あえて言えば、ほんの少し日本株式の比率が下がり(違いはコンマ何%ですが)、その分、新興国株式の比率が上がったという感じです。

有効フロンティアは厳密に追い求めておらず、期待リターンとリスクをざっくりと把握しています。たいしたアセットアロケーションではないので、マネしない方がよろしいかと思います。


主な投資商品(2014年6月末時点)


■日本株式
・iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA)の日本株式部分
・TOPIX連動型上場投資信託 (1306)
・日本株式インデックスe ←積み立て中

■先進国株式
・iShares S&P500 Index Fund (IVV)
・iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA)の先進国株式部分
・外国株式インデックスe ←積み立て中

■新興国株式
・Vanguard Emerging Markets ETF (VWO)
・eMAXIS 新興国株式インデックス ←積み立て中
・DIAM 中国関連株オープン

■日本債券
・個人向け国債 変動10 ←積み立て中

■外国債券
・日興USドルMMF(海外ETFの分配金の一時留保)

上記以外にも細かい投資商品があったりなかったりしますが、主なものは以上です。

投資商品も半年前とほとんど変わっていません。運用のメインは海外ETFなので、積み上がった各株式インデックスファンドを、海外ETFに「リレー投資」します。目安は、海外ETF1銘柄につき100万円程度になったらですが、厳密にやらないと大損するようなものでもないので、適当にやっています。


今後の方針


今まで同様、アセットアロケーションの把握は年2回(その際大きく変化してたらリバランス)、モニタリングと積み立て投資は月1回行ないます。低コスト、かつ、よく分散されたポートフォリオを、バイ&ホールドします。

投資自体には手間と時間をかけません。個人的に、今年は仕事の方が忙しくなりそうな見込みです。でも、投資の方は楽ちん運用なので、仕事に集中できそうです。

今後もシンプルな運用を愚直に継続したいと思います。


<ご参考>
上記商品は、以下のネット証券で購入しました。会社名をクリックすると口座開設(無料)できます。
楽天証券
SBI証券
マネックス証券


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いします。
関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ