メガバンクのリスク性商品残高が増えていることに対する警鐘

メガバンクのリスク性商品の残高が増えているそうです。
この事に関して、再び、警鐘を鳴らしたいと思います。

【NIKKEI NET 2006/06/27より引用】
リスク性商品、2割増の12兆円・大手3行の3月末残高
 三菱東京UFJ、みずほ、三井住友の3大銀行で投資信託や年金など運用次第で手取り額が変わる「リスク性商品」の販売が伸びている。3行の販売残高は3月末に12兆円強と、1年間で約2割増えた。低金利が続くなか、個人がリスク性商品を購入する動きは確実に広がっている。銀行は購入トラブルを防ぐため、運用リスクを含めた商品説明の徹底などにも力を入れ始めた。
 規制緩和を受け、銀行窓口では98年12月に投信、2002年10月から生損保の個人年金を販売できるようになった。投信や年金の販売は銀行にとって手数料収入につながることから、リテール(小口金融)取引のなかでも重点的に経営資源を投入する分野になっている。 (07:02)
【引用終わり】

投資をしている仲間として、メガバンクで投資されている方、これからメガバンクで投資を始めようとお考えの方を本気で心配しております。ひとこと言わせてください。

率直に申し上げて、メガバンクのリスク性商品(投資信託・外貨預金)には、ろくなものがないのが現状だと僕は思います。
求めている投資信託がそのメガバンクにしかない等、積極的にメガバンクを選択しているのであれば何も申し上げることはありません。
しかし、ただ何となく、身近だったから、定期預金とセットで買えば金利優遇キャンペーンがあったからというような理由で、メガバンクで投資を始めてしまった方、これから始めようという方は、今からでも、購入金融機関について十分に比較検討されることをおすすめします。

僕がそこまで言う理由は……
タイトルが挑発的で申し訳ありませんが、半年前に書いた記事をぜひご覧ください。今でも内容は概ね通用すると思います。

2005/11/15 銀行で投資する人って、投資の勉強しているんですか?(前編)
2005/11/16 銀行で投資する人って、投資の勉強しているんですか?(後編)
2005/11/17 銀行で投資する人って、投資の勉強しているんですか?(追伸)


きちんと比較検討すれば、メガバンクで資産運用する経済的合理性はないはずです。
それなのに、メガバンクのリスク性商品残高は増え続けております。
きっと、誰かがどこかで、本人も気付かないうちに搾取されている…。
既読の方は「またか」と思われるかもしれませんが、再び、警鐘を鳴らさずにはおれませんでした。

ご覧の皆さんの何かのお役に立てば幸いです。
関連記事


  





コメント

ほんとですね…

僕は自分の行動コストを時給2,000円と設定してまして、《2,000円の価値があればやる》なければやりません。
同様に1分を50円と設定していますので、「105円の銀行の手数料をけちるために10分かけるのとどちらが良いか」みたいな判断をしています。
それと似たような感じで「わしゃお金はあるけど、ネット?はよー分らん」みたいなお金持ちさんは行動原理が違うのでしょう。細かいことを気にするよりも、【小率の儲け×莫大な投下資金】で大きな額を得てると思うんですよね。(と言って、下手くそには変わりありませんが)
問題は、【金ない、勉強嫌い、でも儲けたい】の人たちがメガバンクで買うことですね。
水瀬 ケンイチさんのご心配の通りです。

コメントありがとうございます

>ゆうちゃんパパさんへ

このブログ記事を読まれるような方は、そもそも、こういう高コスト商品・高コスト金融機関には引っかからないのでしょう。

でも、一般的には、銀行・郵便局は無条件に信用されてしまう傾向がありますので、この問題はなかなか根深いものがあると思います。

水瀬さん

こんにちは。相互リンクで大変お世話になっております。
随分前の記事に対してで申し訳ありませんが。。。(^_^;
トラックバックさせていただきました。

>kz@銅鑼湾さんへ

トラックバックありがとうございました。
僕もなるべく銀行窓口には関わりたくありません…(^^;

私はその張本人?です

いつも大変参考にさせていただいております。
私は某メガバンクのローテラーで、問題の投資運用商品販売を担当しております。
私の銀行では、総預り資産に占める投資運用商品比率(投信+保険+外貨)は、だいだい11%程度です。実際に支店窓口で運用相談や販売業務に携わる身として感じるのは、高齢者の多くは本当に投資運用に関する知識が乏しく、自ら勉強しようともしない人が実に多いと言うことです。とにかく「安全」「元本保証」への拘りが強く、運用は面倒くさいから定期預金でいい、という比率はかなり高いものがあります。また、適合性の問題から、銀行として運用商品の販売を自粛する先もあり、結果として預金の比率が圧倒的に高くなっているのではないでしょうか?
いずれにしても、銀行に運用商品を買いに来る人は、初心者や面倒くさがり屋が中心で、本格的に運用しようと言う人はまず来ません。手数料とラインアップに加え、販売担当者の専門性の低さも、今後銀行が個人ビジネス展開を加速させる上での、大きなネックとなると感じています。 長文、お許し下さいませ。

コメントありがとうございます

>RIEさんへ

売る側だけでなく買う側にも、それぞれ改善の余地がありそうですね。
なお、当ブログは一貫して個人投資家側からの立場で書かせていただいておりますので、ご気分を害されたのであれば申し訳ありませんでした。

水瀬さま

レスありがとうございました^^
別に気分を害している訳ではなく、自分の立場を省みずに本音で言えば、まさしく水瀬さんの仰るとおりだと思っています。お気遣い、ありがとうございました。
ただ、このブログの多くの読者の人達に対して、私たち銀行員の中にも、知識の無い素人の預金者に対し、多くの制約の中でも出来る限り役に立ちたいと考え、日々努力をしている者がいることを知って頂きたかっただけなんです。
これからは、銀行として預金者に対する金融リテラシ教育活動を積極的に取り組むべき局面に来ていると思っています。 また長々とごめんなさい。 今後のご活躍をお祈りします^^

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

ATMの振込限度額引き下げで銀行窓口はどうなってしまうのだろうか

さらにさらに梅屋敷商店街のランダムウォーカーでも同様の記事が書かれていますので参考にしてください。→参考「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー > メガバンクのリスク性商品残高が増えていることに対する警鐘」

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)