「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」14年6月分の投資を実行

水瀬ケンイチ

ちょいドル

梅雨の晴れ間、いかがお過ごしでしょうか。そんななか、「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」2014年6月分の投資を、6月30日に行ないました。

<ご参考> ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法とは?



今月も月末まで引っ張ってみました。先月の月末投資はダメダメでしたが、今月は月内ではまあまあ良いところで投資することができたようです。私のような素人のタイミング投資は、うまくいくこともあれば、うまくいかないこともあります。

今回投資した積み立て商品は、以下の4本です。

日本株式インデックスe
外国株式インデックスe
eMAXIS 新興国株式インデックス
個人向け国債 変動10

上記3本のインデックスファンドは、投資額が積み上がった段階で、更に低コストな海外ETF(VT: Vanguard Total World Stock ETF など)へ適宜リレー投資します。目安は海外ETF1銘柄あたり100万円分程度になったらです。

個人向け国債 変動10は、日本債券クラスのインデックスファンド代わりに使っています。

7月に入り、本業の方が急に忙しくなってきました。サラリーマンは避けて通ることはできない人事異動です。投資にかけられる時間は、今まで以上に少なくなるでしょう。

相場を見ている余裕はなさそうなので、「ちょいドル」もしばらくは毎月15日とか、月末とか、固定するかもしれません。それでも、長期のパフォーマンスはたいして変わらないと思いますが。

今後もなるべく手間をかけずに、愚直に運用を継続していきたいと思います。


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いします。

<ご参考>
上記商品は、すべて楽天証券で購入しています。(会社名をクリックすると口座開設できます。もちろん無料)
楽天証券

関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ