これが投資家ウォーレン・バフェットが教えるお金のレッスン……えっ?

20140703-warrenbuffett-thumb-640x360.jpg
Photo: lifehacker

ライフハッカー[日本版]に、「投資家ウォーレン・バフェットが教えるお金のレッスン」という記事が掲載されていました。

ウォーレン・バフェットといえば、毎年、世界長者番付にランクインする大富豪投資家で、コカ・コーラやジレットなど優良企業への集中投資で成功してきたことで知られています。当然、上記コラムもそういう話が出てくるのかと思いきや……

コラムの見出しを見ていくと、
  • 貯金する
  • 習慣を過小評価しない
  • 給与を使い切る生活をやめる

前半は、投資をする前のライフスタイルについての話が中心です。地に足の着いた手堅い話です。後半の見出しは、
  • 価格と価値は同じではない

このあたりから、永続的競争優位性とか、永久保有銘柄とか、バフェット投資法の話が出てきそうな雰囲気になるのですが、
  • 投資はあなたが思うより簡単だ
  • 長期的な投資をする
  • お金がすべてではない

ん?んんん??
話のゆくえが、予想外の方向へ向かっていきます。

常に低コストなインデックスファンドに投資すれば、同時に投資を始めた90%の人よりもよい結果を得るだろう。

ここで私が助言することは、私が自分の遺言で指示したことと本質的に同じです。現金の10%を短期国債に、90%を非常に低コストのS&P 500インデックスファンドに投資してください(VanguardのVFINXを推奨します)。


低コストなインデックスファンドを推奨しています。それはバフェット氏自身の遺言と同じ内容。そして、「買ったら忘れろ」と言っています。最後は、人生にはお金では買えないもっと重要なことがあると結んでいます。

もう完全にインデックス投資のすすめになっていました。投資に手間をかけずに、空いた時間で人生を楽しむことに注力したい。そんな私自身の考え方とピッタリ合う内容でした。(バンガードのインデックスファンドに投資しているし……)

たしかに、今までもバフェット氏はバフェット投資法だけでなく、ふつうの人にはインデックス投資をすすめる発言をしてきました(たとえばこの記事など)。このコラムではバフェット氏のインデックス投資部分だけにフォーカスされていたので、ちょっと意外に感じたのでした。

文末にはなんと……これはあなた自身の目でご確認ください。

関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大10,200円分の投信買付代金プレゼントキャンペーン実施中(2017/06/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大2ヶ月国内株式手数料実質0円キャンペーン実施中(2017/06/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)