お金持ちが多い国はどこ?

europe-197040_640.jpg

突然ですが、「お金持ちが多い国はどこ?」と聞かれたら、どこの国をイメージしますか?

私はなんとなくアメリカとかドイツあたりかなぁ……とイメージしましたが、世界の富裕世帯数ランキングのデータがあったので見てみました。

家計金融資産100万ドル以上を有する富裕層の世帯数の国別ランキングです。家計金融資産には、現金・預金、株式、その他金融商品が含まれるが、不動産や高額品などは含まれないとのことなので、イメージ的には、「持ち家を除いて1億円以上持っている世帯」という感じでしょう。

■世界の富裕世帯数ランキング(単位:万世帯)
1位 アメリカ 713.5
2位 中国 237.8
3位 日本 124.0
4位 イギリス 51.3
5位 スイス 43.5
(出典:世界経済のネタ帳

米国が1位、2位は中国、3位は日本でした。新聞などでよく見るGDPランキングと同じ並びですね。ただ、世界の富裕層「割合」ランキングのデータを見てみると、様子が違っていました。

■世界の富裕層割合ランキング
1位 カタール 17.5%
2位 スイス 12.7%
3位 シンガポール 10.0%
4位 香港 9.6%
5位 クウェート 9.0%
(出典:世界経済のネタ帳

1位のカタールをはじめ、アジア、アジア、アジアです(スイスを除く)。イメージと違うかもしれませんが、これらアジアの国々の富裕層割合は高いんですね。

ちなみに、カタールはMSCIエマージング・インデックスに含まれ、クウェートはMSCIフロンティア・インデックスに含まれ、スイス・シンガポール・香港はMSCIコクサイ・インデックスに含まれています。

インデックス投資のご参考まで。
関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大10,200円分の投信買付代金プレゼントキャンペーン実施中(2017/06/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大2ヶ月国内株式手数料実質0円キャンペーン実施中(2017/06/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)