日本初、レバレッジ3倍の新興国株トリプル・ブルベアファンド登場ですが、いつもの注意事項をば

currency-163476_640.jpg

SBIアセットより、日本初のレバレッジ3倍の新興国株トリプル・ブルベアファンドが登場しました。SBI証券の独占販売です。

SBI証券 WEBサイト
2014/08/11 日本初!新興国株の概ね3倍の値動きを目指すファンドが登場!

これまでも日本株や中国株などのブルベアファンドはありましたが、新興国株全体でしかも値動き3倍のトリプル・ブルベアファンドはありませんでした。投資家の選択肢が広がることは結構なことですが、ブルベアファンドに関しては、いつもの注意事項がありますので、あらためて取り上げます。

  • インデックスの3倍やマイナス3倍といった目標値を「日ごと」に達成するように設計されているため、2日以上離れた2時点間の騰落率は目標値どおりにならない
  • インデックスの値動きが上昇・下降を繰り返した場合に、マイナスの方向に差(ずれ)が生じる可能性が高くなり、期間が長くなれば長くなるほどその差(ずれ)が大きくなる傾向がある

これは、商品設計のミスではなく、ブルベア型商品共通の性質であり、目論見書にもでかでかと書かれています。私たち投資家は知っておく必要があります。

実際に、既存の日本株レバレッジ・インバース型ETF(ブルベアファンドとほぼ同じもの)の値動きの事例をとりあげたものが下記のブログ記事です。上記の性質がよくわかりますのでご覧ください。

2014/05/12 TOPIXダブルインバース(-2倍)指数連動ETFが登場ですが

ブルベアファンドは、長期保有してしまうと相場が上がっても下がっても損をする可能性があるものです。相場の見通しがある程度つくかたが、ピンポイントで短期売買するための商品と言えるでしょう。

さらに、このファンドはファンド・オブ・ファンズであり、実質的な信託報酬が年率2%を超えています(いわゆる「隠れコスト」を加えた実質コストは、それ以上になると思われます)。したがって、インデックス投資家の長期保有には向きません。

「日本初」とか「新興国株の3倍」という宣伝文句は嘘ではありませんが、その裏にはいろいろな罠があることを、インデックス投資家の皆さまはゆめゆめお忘れなく。

関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)