スマートベータに対する山崎元氏の評価は「しばらくは高みの見物でいい」

photo20140816.png

スマートベータに対する山崎元氏の評価は「しばらくは高みの見物でいい」とのこと。

楽天証券 山崎元「ホンネの投資教室」
2014/08/15 第227回 スマートベータをどう考えるか

詳しくは上記コラムをご覧いただきたいのですが、結論としては以下のとおりとなっていました。

インデックス運用派の人々は、現状のスマートベータ商品であれば、そう気にする必要は無いと思う。例えば、TOPIX連動のファンドを、JPX日経400連動に切り替える意味はない。しばらくは、高見の見物をしていていいと思う。

(楽天証券 山崎元「ホンネの投資教室」 2014/08/15 第227回 スマートベータをどう考えるかより)


私もスマートベータについて、先週ブログ記事を書いています。奇遇なことに、ほぼ似たような結論です。

この分野はまだ新しく、本記事でとりあげたデータもたかだか直近十数年のものです。今後どうなるかはわかりません。米国の別のデータでは、スマートベータは従来型インデックスに勝ったり負けたりで、少なくとも常勝ではないというデータもあります。

(梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー 2014/08/08 どのスマートベータがよいのかわかる?ランキング推移一覧表より)


いま、世の中に出回っているスマートベータの過去パフォーマンスのデータを見ると、非常に良いものに見えることが多いと思います。公的年金を運用するGPIFが、「JPX日経400」を採用したことも追い風です。

にもかかわらず、「しばらく様子見」という結論となった山崎氏のロジックは、上記コラムに詳しく書かれていますのでそちらをご覧ください。似たような結論になった私の方の浅~いロジックについては、次回の記事ですこし補足したいと思います。

次回に続く)
関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大10,200円分の投信買付代金プレゼントキャンペーン実施中(2017/06/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大2ヶ月国内株式手数料実質0円キャンペーン実施中(2017/06/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)