日本でも低コストなインデックスファンド・シリーズが育ってきてうれしい!

achievement-18554_640.jpg

先日、三菱UFJ投信の「eMAXISシリーズ」が、日本のインデックスファンドシリーズとして初めて1000億円を突破したというニュースが流れてきました。

モーニングスター ファンドニュース
2014/08/12 品ぞろえと対話を重視した「eMAXIS」が初の1000億円突破

そのわずか10日後、今度は三井住友トラスト・アセットマネジメントの「SMTインデックスシリーズ」が、同じく1000億円を突破したというニュースも流れてきました。

モーニングスター ファンドニュース
2014/08/22 インデックスファンドシリーズ「SMT」の純資産残高が1000億円突破、品ぞろえと低コストが魅力

低コストなインデックスファンド・シリーズの規模拡大は、個人投資家にとってもうれしい話です。

インデックスファンドは低コストであるため、金融機関側があまりもうからない商品です(その分、投資家側の取り分が多いのですが)。

そのため、かつて日本ではインデックスファンドに資金が集まらない時代が続いていました。資金が集まらないので、インデックスファンドが突然繰り上げ償還になったり、販売会社がインデックスファンドの取り扱いを廃止したりという悲しい出来事がよく起こっていました。

10年前は、私も低コストなインデックスファンドを見つけてきては繰り上げ償還をくらい、見つけてきては取り扱い廃止をくらい、さんざん煮え湯を飲まされてきました。

<参考記事>
外国株式インデックスファンド放浪記(その1)
外国株式インデックスファンド放浪記(その2)
外国株式インデックスファンド放浪記(その3)
外国株式インデックスファンド放浪記(その4)
外国株式インデックスファンド放浪記(その5)
外国株式インデックスファンド放浪記(その6)

ひとつのインデックスファンドの純資産が、100億円あると安心と言われています。それ以下でも、マザーファンドが大きければまあ安心だと思います。

逆に、純資産が数億円しかないインデックスファンドは、常に、繰り上げ償還のリスクにさらされていると思った方がいいです。繰り上げ償還は、望まないタイミングでの損益確定になり、課税面でも不利です。できれば避けたいものです。

最近は、少しずつですがインデックスファンドが育ってきてくれて、滅多なことでは繰り上げ償還や取り扱い廃止になりません。それどころか、上記の「SMTインデックスシリーズ」などは、過去二度にわたって、純資産の拡大にともない信託報酬の「値下げ」までしてくれています。

インデックスファンドを運用・販売する金融機関の皆さまにおかれましては、実入りが少なく大変かもしれませんが、個人投資家の資産形成のインフラを担う有意義な事業として、今後もがんばってほしいと思います。

私もインデックスファンドのことやインデックス投資法について、世の中の人たちにもっと知ってもらえるように、微力ながら情報発信をしていきます。

関連記事


  





トラックバック

インデックスファンドが繰上償還されることなんてあるんでしょうか?

あれ?間違えて、コマぴ~さんの奥さんを召喚しちゃいました。 うちと同じで、つの生えてるんですね? いろんな意味で、しょうかん違いズラ… 繰上償還とは? 目論見書において、繰上償還についてはよく下のように書かれています。 (一例)次のいずれかの場合には、委託会社は、事前に受益者の意向を確認し、受託会社と合意の うえ、信託契約を解約し、信託を終了(繰上償還)させ...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大90,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/11/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/11/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)