理由もなくブログのPVが増えている。こ、これは……

PAK86_nayamubiz20131223500.jpg

先月あたりからなぜかブログの PV(ページビュー)が増えています。

アクセス解析を見る限り、大手メディアで紹介されたとか、どこかの掲示板に書かれたとか、そういうことはなさそうです。しかも、記事をアップしていない日まで PV が増えているので、なんか変だな? と感じています。

そういえば、過去にもこういう感じになったことがあります。

2008年のリーマン・ショックの前です。あの時も、ブログを更新していない日まで PV が伸びていて、「なんだこれ?」と思ったことを覚えています。

もしかしたらこれは、「相場の過熱感」の現れのひとつなのかもしれないなぁと感じてしまいます。

こういう時に変に浮かれて、攻撃的なポートフォリオに変更したり、急にタイミング投資に目覚めてみたり、新しい投資法に手を出してみたりするのは、その人の勝手ですが、私はおすすめしません。

むしろ、こういう時こそ基本に立ち返りたい。

自分のポートフォリオのリスク性資産の比率や、株式比率が高くなりすぎていないか、チェックした方がいいと思います。株価上昇で、株式の資産配分が大きくなってしまっていたら、リバランスで元の配分に戻すといいと思います。

べつに今に限ったことではありませんが、ポートフォリオのリスク(標準偏差)を、自分のリスク許容度の範囲内に抑えておくことが肝要かと思います。将来、株価が大きく動いた時に、市場から強制退場させられてしまわないようにしたいです。

「もしかしたら、ちょっと浮かれてる自分がいるかも……」と心のどこかで感じている方は、ご興味があれば、以下の記事や動画をご覧ください。速度オーバーで走る心に、すこしブレーキがかかるかもしれませんよ。

2014/07/2 リーマン・ショック前に似てるような……株価の調子がいい時こそ守りを固めるべし
2013/12/09 上げ相場で自分のリスク許容度を超えていないか、いま一度チェック
2013/05/09 相場で身を持ち崩すとどうなるか?赤裸々にわかるまとめサイト




関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大10,200円分の投信買付代金プレゼントキャンペーン実施中(2017/06/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大2ヶ月国内株式手数料実質0円キャンペーン実施中(2017/06/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)