楽天証券のNISA口座開設キャンペーンが増量されてるじゃないか

水瀬ケンイチ

achievement-18134_640 (1)

すったもんだの末始まったNISA(少額投資非課税制度)も、あと2ヶ月で初年度が終わろうとしています。

私はメイン証券会社として使っていた楽天証券でNISA口座を開設しましたが、いまのところ、特段おおきな満足も不満足もありません。差は2年目以降に出てくるのかもしれませんが。

当時、ちょっとおもしろかったのが、NISA口座を開設するともれなく1,000円分の投信をプレゼントするというキャンペーンです。対象銘柄は9本あって、そのなかから私は「世界経済インデックスファンド」を選び、1,000円分購入しました(該当ブログ記事)。

いま見たら、この投信プレゼントが2,000円分に増量されていることに気づきました。

楽天証券 WEBサイト
NISA口座開設で投資信託を2,000円分プレゼント!

ノーリスクでもらえる2,000円分の投信。これからNISA口座を作るかたはおいしいですね。1,000円分しかもらえなかったのでうらやましいです。

ただ、なぜか対象銘柄が、9本から5本に減っていました。しかも銘柄も変更になっています。

■以前の対象銘柄
・アライアンス・バーンスタイン・財産設計 2030
・投資のソムリエ
・ボンド・アンド・カレンシー トータルリターン・ファンド(年2回決算型)【愛称】ツインストーリー
・ニッセイ日経225インデックスファンド
・ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(1年決算型)
・三井住友・グローバル・リート・オープン(1年決算型)【愛称】世界の大家さん(1年決算型)
・世界経済インデックスファンド
・eMAXIS NYダウインデックス
・楽天みらいファンド
↓↓↓
■今回の対象銘柄
・ニッセイ日経225インデックスファンド
・eMAXIS 新興国株式インデックス
・世界経済インデックスファンド
・<購入・換金手数料なし>ニッセイJリートインデックスファンド
・楽天みらいファンド

……あ、あれ?

銘柄数は減っているにもかかわらず、より低コストでシンプルなインデックスファンドは逆に増えています。インデックス投資家としては、こちらのラインナップの方が使いやすいかもしれません(ただし、楽天みらいファンド除く)。

楽天証券でNISA口座を作ろうとしているかたに、ちょっとしたお得情報でした。


<特に関連するブログ記事>
2013/12/15 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー流「NISAの考え方のキモ」

<ご参考>
上記ネット証券は、以下から口座開設できます(無料)
楽天証券

関連記事
楽天カード ←私も愛用のカード
楽天証券、楽天キャッシュとの相性バッチリのクレジットカード。普段の買い物でポイントゲット(100円につき1ポイント)、楽天市場でさらにお得(100円のお買い物で3ポイント)、楽天ポイントカード加盟店にて裏面のバーコード提示でさらにポイントが貯まる。

MATSUI SECURITIES CARD
松井証券と相性バッチリのクレジットカード。普段の買い物で松井証券ポイントゲット(200円につき1ポイント)、貯まったポイントを利用して投資信託を購入可能、積立設定をすれば毎月自動的に全ポイントを投資信託の積立にあててポイント失効なし。

イオンカードセレクト(ミッキーマウス デザイン)
近所にイオングループの店舗があってよく利用する人に相性バッチリのクレジットカード。他店舗での買い物は200円につき1ポイントですが、イオングループ各店舗では200円につき2ポイント。毎月20日・30日はクレジット払い、またはWAON払いで買い物代金が5%OFF! ←これはデカい


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ