eMAXISシリーズに国内物価連動国債インデックスが登場

eMAXIS

三菱UFJ投信は、eMAXISシリーズに国内物価連動国債インデックスを追加すると発表しました。

三菱UFJ投信 公式サイト
2014年10月21日 『eMAXIS 国内物価連動国債インデックス』募集・設定について

気になる商品概要は以下のとおり。

eMAXIS 国内物価連動国債インデックス
・NOMURA 物価連動国債インデックス(フロアあり)連動
・信託報酬 年率0.432%(税抜き0.4%)
・信託財産留保額 なし

今まで物価連動国債は個人では買えなかったので、投信で投資するしかなかった資産クラスです。それもややコストが高いアクティブファンドしかありませんでした。

そこにインデックスファンドが登場したのでありがたい限りです。

物価連動債というのは、物価(消費者物価指数)が上がると元金や利払い額が連動して増える仕組みです。これは、どの情報源にも書いてあると思います。

私は以前、物価連動債に債券の「金利上昇=価格下落」という性質は当てはまるの???金利は関係ないの???という疑問に取りつかれたことがあります。これがまた、当時のWEBサイト上にほとんど情報がなく苦戦しました。

その結果は、「物価連動国債の価格は、金利変動の影響も受ける」ということだったのですが、どのような相場環境が物価連動債に有利なのか等詳細は、その時調べた以下のブログ記事をご参照ください。

2006/05/15 物価連動国債の価格は、物価だけでなく金利の影響を受けるのか?

なにはともあれ、個人投資家にとって低コストな選択肢が増えるのは良いことです。

三菱UFJ投信さん、グッジョブ!!('ω')ノ



関連記事


  





トラックバック

物価連動国債

投資内容の見直しを初めて、最初に購入したのが、 MHAM物価連動国債ファンド 「国債」だし、「物価連動」なんだからということで、ごくごく安全パイのつもりで購入したのですが、下図の↑のところで購入して、下がる一方でしたが(泣)、 やっと少し上向きになってきました。 そんな中、Yahoo!トップニュースに 「円安や原料高 11月値上げ続々」という見出し...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)