eMAXIS国内物価連動国債インデックスが出ますが、物価連動債を個人で買えるようになったらどうするか

gears-384744_640.jpg

昨日、「eMAXISシリーズに国内物価連動国債インデックスが登場」というブログ記事を書きました。

米国ではポピュラーな物価連動債クラスのインデックスファンドが日本でも登場することや、個人投資家にとって低コストな選択肢が広がることは歓迎すべきことです。

ただ、三菱UFJ投信のプレスリリースによると、来年(2015年)1月からは、個人も物価連動債を買えるようになる見通しとのこと。もし本当にそうなったらどうするか。

私は物価連動債の「生債券」に投資すると思います。

個人向け物価連動債がどのような仕様になるかまだかわかりませんが、もし今の個人向け国債(変動10)のように、毎月販売で最低1万円からとなったら、どうでしょうか。

投信のメリットのひとつに、「少額から分散投資できる」ということがありますが、その投信の投資対象が国内物価連動国債に限定されているのであれば、投資する意味があまりありません。

なぜなら、物価連動債の生債券を毎月積み立てていくことで、信託報酬ゼロで、物価連動債のラダー型ポートフォリオが自作できてしまうからです。




ただ、上記ツイートにもありますが、個人向け物価連動債が、いつ、どのような仕様になるのか等は現時点では未定です。そして、投信には投信なりのメリットがそれなりにはあります(買った瞬間に複数年限の物価連動債に分散投資可能とか、自動積み立てが可能とか)。

国内物価連動債クラスに、選択肢が広がった「eMAXIS国内物価連動国債インデックス」を使うか、来年(2015年)1月から発売されると言われている「個人向け物価連動債」を使うか。

悩ましいですが、比較対象がそろってから判断しても遅くはないと思います。

関連記事


  



トラックバック

物価連動国債について

あと一週間ほどで、emaxisの物価連動国債インデックスファンドが設定となります。(11月6日設定)インデックスファンドとしては日本初ということで、一挙に各地で話題になったようです。該当記事物価連動国債って? ~ 「eMAXIS国内物価連動国債インデックス」の新規設定に寄せて物価連動国債はいいかな(今のところ)eMAXIS国内物価連動国債インデックスについて思うこと 債券の基本がわかってなか...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設&各種取引等で最大110,000円相当ポイントプレゼントキャンペーン実施中! (2017/03/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/03/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
今なら、口座開設等で現金最大51,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/03/30まで)

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)