日本郵便が資本参加したセゾン投信、社長のインタビュー記事でひと安心

水瀬ケンイチ

セゾン投信

先月、セゾン投信に日本郵便が資本参加するという予想外のニュースに、投信ブログ界隈がざわついたのですが(該当記事)、本件についてセゾン投信社長のインタビュー記事が日経電子版に掲載されていました。



日経電子版 コラム
2014/10/23 セゾン投信社長「経営理念変わらない」 日本郵便の出資受け入れ

詳しくは上記コラムを読んでいただきたいのですが、無理やりまとめると、セゾン投信は、郵便局の顧客であるシニア層など新たな投資家を開拓する足がかりになり、日本郵便は少額の純投資であるとのこと。

日本郵政の役員受け入れでセゾン投信の経営が変質する可能性についても、今後の事業方針について協定書を締結し、基本的には全経営責任者であるセゾン投信社長に一任されたとのこと。

インタビュー記事を読む限り、セゾン投信の投資家は、当面は安心してよさそうな感じです。

ただ、「お金を出せば口も出したくなる」のが世の中の常ですから、セゾン投信の運営がおかしなことにならないように、応援しながらウォッチしていきたいと思います。


<ご参考>
上記セゾン投信は以下から口座開設できます(無料)
セゾン投信

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ