本当に価値ある情報

最近は、いわゆる「プロ」の方々もブログで情報発信をされています。

私たちは、インターネットに繋がってさえいれば、簡単に、しかもタダで情報が手に入ります。
よい時代になったものです。
しかしながら、全てがタダで手に入るわけではありません。「本当に価値ある情報」に対しては相応の対価を払う必要があるのは、今も昔も変わらないと思います。

【YAHOO!NEWS 2006/07/02より引用】
富豪とのランチ7000万円 バフェット氏
 【ニューヨーク1日共同】世界第2位の富豪で米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏とランチができる権利が30日、インターネット競売のイーベイで約62万ドル(約7100万円)で落札された。米メディアなどが報じた。
 一代で巨額の富を築き「(ネブラスカ州)オマハの賢者」として投資家に人気の同氏は、7年前からこの権利を競売にかけ、貧困者を支援する慈善事業団体に寄付。
 ロイター通信によると、落札額は昨年の約1・9倍で過去最高だった。落札したカリフォルニア州在住の投資家は「バフェット氏の哲学に多くのことを学んだのでお礼を言いたい」と話しており、家族や友達をランチに招くという。
【引用終わり】

ウォーレン・バフェット氏クラスになると、いっしょにランチをいただくだけでも7000万円の価値があるのですね。
きっと、食事というよりも、バフェットと直接言葉を交わすこと、それ自体に価値があるのでしょう。

翻って、自分の言葉に価値があるのだろうかと考えると……悲しくなるからやめておこう (^^;
関連記事


  





コメント

価値ある情報

こんにちは。
やっと寝不足から復帰できましたが、また水曜日からアチラへ戻ります。(^^;
生意気なことを言っているかもしれませんので、失礼がありましたら、お叱りなり、削除なり、なんなりとお願いいたします。

> 「本当に価値ある情報」に対しては相応の対価を払う必要がある

この件に関して、私は2割ぐらいは賛成、8割ぐらいは反対の立場です。
投資に関する情報も同じだと思っています。
これは、あくまで取得する「情報」についてであり、それを実際に「実行する」ことに関しては、対価を支払う必要があることがあるかもしれません。為念。

有料であってもゴミは多いと思いますし、それが高額だからといって価値がある情報かどうかはわかりません。
また、情報の受け手の資質も問われます。
私の知っている人で、とても有益な情報を惜しげもなく公開している人はいます。そのような情報を商売にするかどうかは、その人の生き方によるみたいです。

私のような庶民が例えば1億ぐらいの資産を築くためには、公開情報だけで十分だと思います。
このご時世では、世の中にいくらでも有益な情報が公開されており、それらをいかに選別して、いかに価値があるかを見極め、行動していくかが重要だと思っています。

なお、10億を100億にするとかいうようなレベルでは、表に出ない情報を得る必要もあるかもしれないと思っています。そのようなことにはいろんな面でそれなりの対価が必要だと思います。

あと、バフェットとのランチは、落札者が「有益な情報」を得るためではないんですよね?
記事を読む限り、そのチャリティに賛同していて、バフェットをリスペクトしているから、その価格を支払うのだと思いました。
事実上の引退宣言もありましたので、これからはあまり表に出てこないことも考えられ、価格がつり上がった側面もあると思います。

海外相続やビザ取得は有料情報で

Gabbianoさん、確定拠出年金についての情報ありがとうございました。特別法人税について理解できましたが、課税の根拠は納得できませんでした。

海外直接投資の場合、税理士などのコンサルタントをつけるのが常識なので、情報は有料で取得するのが基本ということになります。また、海外直接投資をしている方が死亡した場合の相続手続きなどは、とても素人ができる手続きではありませんし、インターネットで得られる性質のものではありません。

また、ビザの取得に関しては、ビザコンサルタントを通じて情報を得るべきです。違法滞在と認定されると移住先の国に二度と入国できなくなるなど深刻なトラブルが起きる可能性があるからです(その国に不動産を購入した場合は、さらに深刻です。)。

一方、海外間接投資であれば、有料情報は必要ないと思います。


有料情報か、無料情報かというより、有料で情報を受けられるだけの資産と知識を増やすことを目標とするのが現実的だと考えます。

PALCOMさん、コメントありがとうございます。
水瀬さん、またまたお邪魔いたします。(^^;

PALCOMさんが書かれていることは、私の認識では「実行する」の部分に近いものかと思います。
情報の対価を支払うと言うよりも、自分ではできないことや能力、経験、知識が及ばないことをサポートしてもらう要素も大きいように思います。これに関しては同意いたします。
PALCOMさんのサイトは情報が良くまとまっていますね。有益だと思います。

特別法人税、、、たしかにそうですね。
あと、他の税でも課税の根拠を百歩譲って納得できたとしても、運用面で納得できないことは多いので、まあ権力にはいちおう従うしか仕方ありません。

コメントありがとうございます

>Gabbianoさんへ

はっきり申し上げまして、僕はGabbianoさんが仰ることにまったく異論がありません。
言いたかったことのイメージは、

・「本当に価値ある情報」=MASTERCARDのCMで言えば、pricelessな体験(単に有益なという意味ではなく)
・相応の対価=PCの前に座っているだけでない相応の努力(単に有料・無料という意味だけではなく)

というようなことでした。
しかしながら、自分が言いたかったことはともかく、そのように伝わらなかったのは、自分の文章力の拙さに帰する事であり、お恥ずかしい限りです。
まだまだ修行が足りません…。

>PALCOMさんへ

専門家の知恵を利用するというのは、合理的なことだと思っています。
その方が努力してきた数千・数万時間の経験を利用できるのですから、得られるメリットと比較すれば自ずと結果は分かると思います。

ただ、この記事で申し上げたかったのは、有料サービスの是非ではなく、本当に価値ある体験はplicelessだということだったのですけどね…(^^;;

水瀬さん、こんにちは。
結局、考えは近かったということでホッとしました。
バフェットのことだと少し反応感度が高いみたいです。(^^;

私は今でもバフェットは支持している方ですが、最近のようにあまりにもバフェットやゲイツのやろうとしていることが絶賛されることが多かったりすると、逆に斜に構えて見てしまう自分がいます。
(なお、ゲイツに対しては怨念が強いのですが、これについては語り出すと何千字にもなってしまいますので自粛します。)

>Gabbianoさんへ

よかったです(^^)
ところで、ゲイツさんへの怨念……何千字とは凄そうです。
対象は、マイクロソフト商品についてですか?
それとも株についてなんでしょうか?

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)