全ページにインデックス投資法のまとめ記事や資産配分へのリンクメニューを設置しました

グローバルナビゲーション追加

昨日のブログ記事「預貯金しかしたことがないオヤジも知っておくべき金融商品がある」は、投資家のみならず、広く一般の方々向けに書いたからか、いつも以上のPVがありました。ありがたいことです。

普段、このブログの読者さまは、多少なりともインデックス投資にご興味があるであろうことを想定して、記事を書いています。さすがに毎記事、毎記事、「まずは生活防衛資金の確保」「リスク許容度」「長期・分散・低コスト」と書いていたら、うっとうしくて仕方ないでしょうから。

しかし、冒頭の記事のように、時おりインデックス投資に特に関心がない一般の方々のアクセスが、ツイッターやはてなブックマークなどを経由して、大量流入することがあります。

その場合、このブログはどんなことが書いてあるブログで、管理人はどんな奴なのか、投資ブログだとしてもどんな投資スタンスなのかなど、ブログの背景がぱっと見でわからないと混乱すると思います。

例えば、秒単位でトレードを繰り返すデイトレーダーの方が、誰かのRTを何気なくクリックしてうちのブログに飛んで来たとして、急に「バイ&ホールドで何もしないことが大事」というような記述を目にしたら、反射的に「アホか!!」と思われることでしょう。

最近は、情報へのアクセス方法として、Googleでの検索など自分で積極的に取りに行く「プル型」ではないものの、ツイッターやはてブなど気軽なSNS経由の「プッシュ型に近い形」が増えてきているように感じています。

ふとアクセスした先のブログについて、背景がわからないまま、disり合う。これではお互いに不幸です。

ぐだぐだ講釈を垂れましたが、要するに、全ページに表示されるブログヘッダー部分に、「インデックス投資の方法」「資産配分」「プロフィール」のメニューを設置しました。

インデックス投資の方法」は、私が実践しているインデックス投資についての、具体的な投資方法8ステップのまとめ記事にリンクしています。
資産配分」は、直近の資産配分(アセットアロケーション)と、あわせて具体的商品名の記事にリンクしています。
プロフィール」は、その名のとおり自己紹介へリンクしています。

これらはいずれも、メール等でよく質問される項目でもあります。まずはPC版だけですが、これで初訪問の方々の混乱が、すこしでも減ればよいなぁと思います。

目に見えるもの、見えないものも含め、ブログの構造はちょこちょこ改造しています。もし、「こうしてほしい」というリクエストがありましたら、メールフォームからお寄せくださいませ。対応できるものであれば、対応したいと思います。

関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大10,200円分の投信買付代金プレゼントキャンペーン実施中(2017/06/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大2ヶ月国内株式手数料実質0円キャンペーン実施中(2017/06/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)