楽天証券の海外株式の特定口座サービスは12月22日開始!海外ETF投資のハードルがぐっと下がる

水瀬ケンイチ

rakuten-sec.gif

楽天証券の海外株式の特定口座サービスは、今まで「12月下旬」開始予定としかアナウンスされていませんでしたが、具体的な日付が決まったようです。



楽天証券 お知らせ
海外株式の特定口座サービス開始! ~確定申告がぐんとカンタンになります~

上記公式サイトによると、「2014年12月22日(月)現地約定分」から、海外株式も特定口座に対応すると決まったようです。

一口に海外株式といっても、米国株、中国株、アセアン株(タイ株、インドネシア株、マレーシア株、シンガポール株)と、たくさん種類があります。私が注目しているのは、米国上場の海外ETFなので、米国株の特定口座対応です。

米国株は、2014年12月22日(月)の 15:00 から、買付注文時に「特定口座」を選択できるようになるとのこと。(ちなみに、中国株やアセアン株は、2014年12月21日(日) 6:00 から)

上記公式サイトにもあるとおり、海外ETF投資をする場合の特定口座のメリットは、

確定申告が不要(源泉徴収ありの場合)
国内株式や投資信託との損益通算の計算が不要

です。

加えて、上記にはあげられていませんが、自営業やリタイア後のかた等にとっては、海外ETFの利益によって、国民健康保険料や介護保険料が値上がりしてしまうことがないという大事なメリットがあります。

現在は、サラリーマンで会社の健康保険に加入していても、資産を取り崩すリタイア後は、国民健康保険に加入するケースが多いであろうことは、知っておいた方がよいかと思います。バイ&ホールドの長期投資家ならなおさらです。

私は米国バンガードの「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」(ティッカー:VT)を購入していますが、これ1本で日本・先進国・新興国のほぼすべての株式に投資できます。しかも、年率の管理報酬(信託報酬)は わずか 0.18% です。

マネックス証券に続き、私がメイン証券会社として使っている楽天証券も特定口座対応をしてくれたことは、本当に助かります。

まあ、今まで一般口座で購入していた海外ETFを特定口座に移管できないのが残念ですが(ブーブー)、今後の新規投資分については、特定口座にて購入していきたいと思います。

これから海外ETF投資を始める方にとっては、税務処理のハードルがぐっと下がり、よい時代になったと思います。いいなぁ。

ただし、たとえ特定口座であっても、分配金にかかる二重課税分を取り戻したい場合の作業(確定申告での外国税額控除)は任意でやらなければならないのでご注意を。

よく、「インデックスファンドなら外国税額控除なんて必要ない!」とふんぞり返る人がよくますが、これは誤った認識で、「インデックスファンドは二重課税されているのに取り戻すすべがない」のが正解ですので、お間違えなく。


注意事項

ここまで、楽天証券の海外株式特定口座対応をきっかけに、海外ETFの話を書いてきましたが、これを読んで、「おっ、私もやってみようかな」と思われた投資初心者のかたがいらっしゃるかもしれません。ひとつ注意事項を書き加えておきます。

たしかに、海外ETFへの投資のハードルはぐっと下がります。でも、上記作業の他にも、売買時に為替取引で外貨を用意する必要があったり(円から購入できる証券会社もありますが)、売買手数料が国内株式よりも割高であったり、そもそも、そういった情報すら本やネットには少ないのが実情です。

つまり、海外ETFは、様々な疑問を自分で解決できるかた向けの投資だと思います。

「低コストは享受したいけど、自分で調べることはしたくない(できない)」というかたには海外ETFはおすすめしません。そういうかたには、運用コストは多少割高ですが、手間がかからず関連情報も豊富なインデックスファンドを選択した方がよいでしょう。


<ご参考1>
2011/07/30 インデックスファンド、国内ETF、海外ETFの比較

<ご参考2>
上記ネット証券は、以下から口座開設できます(無料)
楽天証券
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ