東洋経済の取材を受けました

PAK58_mihirakitecyoutopen500.png

先ほど、東洋経済の取材をお受けしました。

もちろんインデックス投資についての取材です。今回はいつもよりも突っ込んだ内容でした。相当マニアックなところまで話が及んだので、いったいどんな号になるのか、年明けの楽しみがひとつ増えました。

過去、2008年のリーマン・ショック前後に受けたメディア取材では、正直な話、「下げ相場が続いているのに積立投資なんて……大丈夫ですか?」といぶかしがる記者さんもけっこういらっしゃいました。冗談まじりで、「水瀬さんは変人ですね」と言われたこともあります。

その頃に比べたら、円安&株高な現在は、取材でもとても話がしやすいし、共感も得やすい感じがします。

こちらは10年以上同じ投資法を続けているだけなのですが、周囲からの評価は、その時々で180度変わります。おもしろいものですね。

東洋経済に掲載されるかどうかは不明ですが、もし掲載されたら、またこのブログでご報告したいと思います。

関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大180,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/07/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座&NISA口座開設&各種取引で住民票取得代行+最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/07/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)