本日配信された「バンガード・ニュースレター 2015年1月号」に、日本経済新聞記事「売れ筋と違う顔ぶれ 個人が選ぶ2014年ベスト投信」が掲載(全文読めます)

vanguard logo
本日配信された「バンガード・ニュースレター 2015年1月号」に、日本経済新聞「売れ筋と違う顔ぶれ 個人が選ぶ2014年ベスト投信」という記事がピックアップされていました。

先日発表された、「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2014」において、バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)が2位に選ばれたことが掲載されていました。

元記事が全文読めるPDFファイルへのリンクも設置されていたのでご紹介。

2015/01/10 「売れ筋と違う顔ぶれ 個人が選ぶ2014年ベスト投信」(日経電子版)

私自身も投信ブロガーとして全ポイントを投票したファンドなので、ちょっとうれしく思いました。

これ一本で新興国まで含んだ全世界株式(大型・中型・小形)に、超・低コストで投資できる(経費率 年率0.18%)優れた商品だと思います。

資産運用において、VT 1本に個人向け国債 変動10を自分のリスク許容度に合わせて盛り込めば、それなりのポートフォリオができてしまいます。将来、リスク許容度が下がった時にも、VT を売ってその分個人向け国債 変動10を買えばよいわけで、たった2本の商品で運用が完結するのでシンプルです。

ただ、海外ETFにカテゴライズされるこの商品は、為替取引や売買・分配金にかかる各種税務処理が発生し、また、それらに関する関連情報も少ないので、いわば「玄人向け商品」になっていると思います。

昨年からネット証券での特定口座対応が進み、ずいぶん投資環境は改善されましたが、それでもある程度手間はかかります。

まずは、少しコストは上がりますがインデックスファンド等への投資で経験を積み、海外ETFに関する疑問や課題を「自分の力」で解決していくことができるようになったら、VT を活用を検討されてもよいかと思います。
関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)