「ブログアクセスアップについて語るブロガー飲み会」に参加して思ったこと

DSC_2371.jpg

kenzさんよりお声がけいただいた「ブログアクセスアップについて語るブロガー飲み会」に参加してきました。

お会いしたのは以下のブロガーさんたちです。

kenzさん (インデックス投資@川崎
おぱるさん (インデックス投資女子 Around40 happy life
すぱいくさん (1億円を貯めてみよう! chapter2
とよぴ~さん (ほったらかし投資のまにまに
ますいっちさん (ますいっちと世界分散投資?
安房さん (海舟の中で資産設計を

おなじみの方から初対面の方まで、個性的な方々とブログ運営について語りあってきました。主にkenzさんから、Googleのサイト評価について教えてもらいました。私からは、押し寄せる「困った問い合わせ」の実例の話をさせてもらいました。

アクセスアップに大きな影響力があるGoogleの検索エンジンは、サイトの評価システムを技術的に進化させてきたのですが、それは怪しいSEO業者や仲間内のグルの手口とのイタチごっこのようです。

たしかに、アクセスアップのための細かいテクニックはいろいろありました。でも、最終的には、「読者の役に立つ情報を書き続ける」ということなんだろうなと思いましたGoogleはそれをちゃんと評価できるように、システムに落としこんでいるだけだと。

ページビューだユニークユーザ数だなんだと言っても、無機質な「数字」の向こう側にいるのは、結局、「人」なんですよね。それを再認識した夜でした。


B009NQ7MGM必ず結果がでるブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える"俺メディア"の極意
コグレ マサト するぷ
インプレス 2012-03-23

by G-Tools


P.S
二次会は、自分が10年くらい前によく飲んでいたお店に期せずして行くことになり、うれしいやら懐かしいやらでした(冒頭の写真もそのお店)。
関連記事


  





トラックバック

ブログアクセスアップ&SEO対策について学んで気付いたこと

ブログアクセスアップ&SEO対策について語る第3回ブロガー飲み会に行ってきました。 内容は『ブログアクセスアップ&SEO対策』とあるように、インデックス投資についての議論ではなく、ブロガーとしてのスキル向上講座のような感じ。 SEOとは「検索エンジン最適化(search engine optimization)」の略で、Google検索結果で自分のブログ記事をどうやったら...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)