SBI証券、年内に外国株式の特定口座対応予定と発表

SBI証券
海外ETFを含む外国株式が特定口座に対応していなかったSBI証券は、本日、年内に外国株式の特定口座対応予定と発表しました。

SBI証券 プレスリリース
2015/03/11 外国株式における特定口座対応のお知らせ

以下、プレスリリースより抜粋です。

外国株式における特定口座対応を2015年内(予定)を目処に実施することとなりましたのでお知らせいたします。これにより、当社取扱いの9ヶ国(米国、中国、韓国、ロシア、ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシア)の外国株式と海外ETFのすべてが特定口座内でお取引できるようになります。


SBI証券をメイン証券会社にしているインデックス投資家さんに、海外ETF活用の道が開けたと思います。

ネット証券大手では、既に、楽天証券・マネックス証券が特定口座対応済みでしたが、SBI証券の対応が待たれていたところ、ようやく対応してくれました。

これで、海外ETFの譲渡損益や為替の計算作業などを自分でする必要がなくなり、税務処理がぐんと楽になります。それだけでなく、将来、リタイアしたり自営業に転向したりして国民健康保険に加入した場合に、海外ETFの益出しにより、保険料が上がってしまう困った事態も避けられるようになります。

「2015年内(予定)」というのが早ければ早いほど、SBI証券は今年分のNISA需要も取り込めるはずです。頑張っていただきたいと思います。

遅ればせながら、SBI証券さんグッジョブ。


<特に関連する記事>
一挙50本のバンガードETFが取り扱い開始。何でもある、何でもあるよ! - 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)

<ご参考>
上記ネット証券は、以下から口座開設できます(無料)
SBI証券
楽天証券
マネックス証券

関連記事


  





トラックバック

SBI証券 外国株式と海外ETFにおける特定口座対応を発表

ついに待望とされてきた、SBI証券の外国株式と海外ETFにおける特定口座対応を、2015年内(予定)を目処に実施すると発表されました! (プレスリリース) 外国株式における特定口座対応のお知らせ|SBI証券 プレスリリースの中にも記載されていますが、特定口座のメリットは、自身で譲渡損益や為替の計算作業などをすることなく、煩雑な確定申告や納税手続きの負担が軽減されること。...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)