SBI証券、年内に外国株式の特定口座対応予定と発表

水瀬ケンイチ

SBI証券
海外ETFを含む外国株式が特定口座に対応していなかったSBI証券は、本日、年内に外国株式の特定口座対応予定と発表しました。

SBI証券 プレスリリース
2015/03/11 外国株式における特定口座対応のお知らせ



以下、プレスリリースより抜粋です。

外国株式における特定口座対応を2015年内(予定)を目処に実施することとなりましたのでお知らせいたします。これにより、当社取扱いの9ヶ国(米国、中国、韓国、ロシア、ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシア)の外国株式と海外ETFのすべてが特定口座内でお取引できるようになります。


SBI証券をメイン証券会社にしているインデックス投資家さんに、海外ETF活用の道が開けたと思います。

ネット証券大手では、既に、楽天証券・マネックス証券が特定口座対応済みでしたが、SBI証券の対応が待たれていたところ、ようやく対応してくれました。

これで、海外ETFの譲渡損益や為替の計算作業などを自分でする必要がなくなり、税務処理がぐんと楽になります。それだけでなく、将来、リタイアしたり自営業に転向したりして国民健康保険に加入した場合に、海外ETFの益出しにより、保険料が上がってしまう困った事態も避けられるようになります。

「2015年内(予定)」というのが早ければ早いほど、SBI証券は今年分のNISA需要も取り込めるはずです。頑張っていただきたいと思います。

遅ればせながら、SBI証券さんグッジョブ。


<特に関連する記事>
一挙50本のバンガードETFが取り扱い開始。何でもある、何でもあるよ! - 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)

<ご参考>
上記ネット証券は、以下から口座開設できます(無料)
SBI証券
楽天証券
マネックス証券

関連記事
広告
投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ