異業種交流食事会、ベンチャー社長たちに囲まれた結果は

水瀬ケンイチ

異業種の方々との食事会に行ってきました。

以前、仕事を通じて知り合った某ベンチャー企業の社長から、今度プライベートで異業種交流の食事会をするから来ないかと、お誘いを受けていたものです。
※関連記事

会場の料理店に集まったメンバーは、

・派遣ベンチャー企業の社長とガールフレンド
・IT系ベンチャー企業の社長と取締役
・大手IT企業の部長と幹部社員
・大手通信会社の部長
・そして僕

はい、まったくつり合っておりません!!(もはや笑うしかない)

しかしながら、立場がつり合わないのは元々承知のこと。
ふつふつと湧き上がる「何故自分がここに…」という疑問は、酒でお腹に流し込み、この幸運な機会を楽しんでやろうと心に決めました。

いろいろな方からいろいろなお話をお聞きしましたが、一番興味深かったのは、僕を誘ってくれた派遣ベンチャー社長の話です。



『サラリーマンを辞め、世界中を旅しているうちに、「人の役に立ちたい」と思った。
最初NPOを立ち上げようと思い調べたら、財務的に苦しいNPOがけっこう多いことがわかった。友達に会うたびに「寄付して」と言うのも面白くないだろう。
そこで、稼げる事業でお金を稼ぎ、その一部を世の中に還元するというシステムにしようと決めた。
今では、会社の収益の一部で、JAZZの啓発活動支援やNPOの活動支援をしている。』

起業後、ビジネスは順調に拡大していき、同時に、そんな社長に共鳴する仲間たちもどんどん増えているようです。
おそらく、そうして集まった仲間たちを引き合わせ、更なるシナジー創出のため、このような交流会を定期的にやっているのではないでしょうか。

単に「お金を稼ぎたい」というだけではなく、「社会的使命を持ったお金稼ぎ」。
成功の秘訣のひとつを垣間見たような気がしました。
関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ