ゼロ金利解除ですがアセットアロケーションに変更なし

世間の大方の予想どおり、ゼロ金利政策が解除されました。
特にサプライズもなく、よしよしという感じです。

【NIKKEI NET 2006/07/14より引用】
日銀、ゼロ金利を解除・誘導目標0.25%に
 日銀は14日の政策委員会・金融政策決定会合で、短期金利をほぼゼロ%に抑え込んでいた「ゼロ金利政策」を解除することを決めた。即日実施する。短期金利の誘導目標をゼロ%から年0.25%に引き上げると同時に、公定歩合も現行の年0.1%から0.4%に引き上げる。景気が持続的に拡大し、日本経済が深刻なデフレに逆戻りする恐れはないと判断した。約5年4カ月ぶりに短期金融市場で金利を復活させ、平時の金融政策に戻す。

 日銀は今年3月、2001年3月に導入した量的緩和政策を解除し、金利を上げ下げする通常の金利政策に復帰した。その際も誘導目標である無担保コール翌日物金利は「おおむねゼロ%で推移するように促す」とし、デフレ脱却が確実になるまでゼロ金利政策を継続する姿勢を示していた。

 政策金利の引き上げは2000年8月のゼロ金利解除以来、約6年ぶりになる。2年にわたって利上げを続ける米連邦準備理事会(FRB)や昨年12月から利上げを始めた欧州中央銀行(ECB)に続き、日米欧が同時に利上げ方向の金融政策をとることになる。 (14:39)
【引用終わり】

ゼロ金利解除により困る方もいらっしゃるでしょうが、金利がゼロという世界は、やはりどこか異常です。
日本経済の正常化への一歩と前向きに捉えたいです。
僕は今まで、アセットアロケーションにおいて、日本株式市場を「エマージング市場」扱いしてきました。
欧米の株式市場と比較して、日本の株式市場は、独自の未熟さ、異常さが山積していると考えているからです。その異常さのひとつに、「量的緩和政策」「ゼロ金利政策」がありました。
それが解除されたということは、日本の株式市場の正常化が前進したと考えられます。

しかしながら、ライブドア問題・村上ファンド問題等、株式市場をめぐるドタバタや、日銀総裁の不手際を見るにつけ、日本株式市場は、自分の資産の運命を安心してあずけられる市場とまでは、まだまだ到底達していないと考えます。

よって、アセットアロケーションにおける、日本株式の資産クラス比率は、エマージング市場扱いの現状のままとしたいと思います。
※関連記事 2006/02/10 マイアセットアロケーション
関連記事


  





コメント

ダウ3日大幅続落のようですね!
少し雲行きがおかしく、しばらくの間世界の株式相場は下値確認が続くでしょうか?為替は円売りトレンドで、北朝鮮問題が影響しているように思えます。株式の相場の凹みを外国債券で賄えるとありがたいですがね。

>kcyousukeさんへ

ダウの続落ですが、僕は何の心配もしていません。
むしろ、もっと株安が進行して、少し円高傾向になったら、今月分の定額投資をしたいと考えています。

コメント

日本の利上げが本格化すれば、いわゆるキャリートレードの巻き戻しや日本人の自国資産への回帰などを通じて、米国の株式市場や不動産市場に与える影響はかなり大きいという予想が多いようです。

株価の下落によって自分の投資戦略を変えないようにすることが重要だと思います。

アメリカ株だってストックオプションのバックテーディングで問題になっている。
グリーンスパンにも福井どころじゃないスキャンダルがある。

書いている内容が、ほとんど国賊だという認識はありますか?

バックテーディング→バックデーティング(backdating)ですね?

>PALCOMさんへ

そうですね。利上げが本格化すれば、米国株式市場に与える影響は小さくはないと思います。
ただ、現在の日本の金利水準(0.25%)では、日米の「絶対金利差」が大きいので、大局的にはそんなに問題にはならないのではと思っています。
ちょっと楽観的過ぎでしょうか…?

>アホーさんへ

米国株式市場に問題がないとは考えておりません。
だからこそ国際分散投資(日本含む)をしております。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

日銀がゼロ金利解除、そして香港への旅立ち

 ついに日銀はゼロ金利を解除しましたね。まあ3月に量的緩和政策解除を決めていたので、いまさらゼロ金利どうこうということではない。しかしながら政界からは慎重論が高かっただけに、ついにやったか、という気持ち

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)