ゼロ金利解除ですがアセットアロケーションに変更なし

水瀬ケンイチ

世間の大方の予想どおり、ゼロ金利政策が解除されました。
特にサプライズもなく、よしよしという感じです。

【NIKKEI NET 2006/07/14より引用】
日銀、ゼロ金利を解除・誘導目標0.25%に
 日銀は14日の政策委員会・金融政策決定会合で、短期金利をほぼゼロ%に抑え込んでいた「ゼロ金利政策」を解除することを決めた。即日実施する。短期金利の誘導目標をゼロ%から年0.25%に引き上げると同時に、公定歩合も現行の年0.1%から0.4%に引き上げる。景気が持続的に拡大し、日本経済が深刻なデフレに逆戻りする恐れはないと判断した。約5年4カ月ぶりに短期金融市場で金利を復活させ、平時の金融政策に戻す。

 日銀は今年3月、2001年3月に導入した量的緩和政策を解除し、金利を上げ下げする通常の金利政策に復帰した。その際も誘導目標である無担保コール翌日物金利は「おおむねゼロ%で推移するように促す」とし、デフレ脱却が確実になるまでゼロ金利政策を継続する姿勢を示していた。

 政策金利の引き上げは2000年8月のゼロ金利解除以来、約6年ぶりになる。2年にわたって利上げを続ける米連邦準備理事会(FRB)や昨年12月から利上げを始めた欧州中央銀行(ECB)に続き、日米欧が同時に利上げ方向の金融政策をとることになる。 (14:39)
【引用終わり】

ゼロ金利解除により困る方もいらっしゃるでしょうが、金利がゼロという世界は、やはりどこか異常です。
日本経済の正常化への一歩と前向きに捉えたいです。


僕は今まで、アセットアロケーションにおいて、日本株式市場を「エマージング市場」扱いしてきました。
欧米の株式市場と比較して、日本の株式市場は、独自の未熟さ、異常さが山積していると考えているからです。その異常さのひとつに、「量的緩和政策」「ゼロ金利政策」がありました。
それが解除されたということは、日本の株式市場の正常化が前進したと考えられます。

しかしながら、ライブドア問題・村上ファンド問題等、株式市場をめぐるドタバタや、日銀総裁の不手際を見るにつけ、日本株式市場は、自分の資産の運命を安心してあずけられる市場とまでは、まだまだ到底達していないと考えます。

よって、アセットアロケーションにおける、日本株式の資産クラス比率は、エマージング市場扱いの現状のままとしたいと思います。
※関連記事 2006/02/10 マイアセットアロケーション
関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ