バンガード、海外ETFと米国籍投信の経費率改定ですが NAESX はアカン

vanguard logo
バンガードの公式サイトによると、ETFと米国籍投信の経費率がまたまた下がりました。

バンガード・インベストメンツ・ジャパン WEBサイト
2015/04/30 2015年バンガードETF™・米国籍投信経費率改定のお知らせ

上記情報によれば、銘柄は以下の通りです。

バンガード・米国トータル債券市場ETF(BND)
 経費率 年率0.08% → 0.07%
バンガード・スモールキャップ・インデックス・ファンド(NAESX)
 経費率 年率0.24% → 0.23%

BNDは米国債券に投資するETFで、NAESXは米国小型株に投資する米国籍投信(インデックスファンド)です。

BNDは上記のとおりの経費率です。主要ネット証券で売買できます。

でも、NAESXはマネックス証券でしか取り扱っておらず、「口座管理手数料」の名のもとに年率0.60%(税抜)が、バンガードの経費率(年率 0.23%)に加えてかかります。バンガードの0.01%の経費率改定など吹っ飛んでしまうくらいの高コストになってしまいますので要注意です。

米国小型株に投資したいのであれば、バンガードETFの「バンガード・スモールキャップETF」(VB)が、経費率 年率0.09%でありますので、そちらもお忘れなく。


<特に関連性が高い記事>
梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー
2015/02/28 バンガード、VTなど海外ETF5銘柄の経費率改定。驚愕の低コスト、まだ下がるのか!
2015/02/09 一挙50本のバンガードETFが取り扱い開始。何でもある、何でもあるよ!
2014/05/03 バンガードの運用コストは「改定」?「引き下げ」?
2012/03/23 米国バンガードの超低コストの秘密
2011/07/30 インデックスファンド、国内ETF、海外ETFの比較

<ご参考>
バンガードの海外ETFに投資するなら、特定口座に対応している以下のネット証券がおすすめです。
楽天証券
マネックス証券
関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大10,200円分の投信買付代金プレゼントキャンペーン実施中(2017/06/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大2ヶ月国内株式手数料実質0円キャンペーン実施中(2017/06/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)