バンガード、海外ETFと米国籍投信の経費率改定ですが NAESX はアカン

水瀬ケンイチ

vanguard logo
バンガードの公式サイトによると、ETFと米国籍投信の経費率がまたまた下がりました。

バンガード・インベストメンツ・ジャパン WEBサイト
2015/04/30 2015年バンガードETF™・米国籍投信経費率改定のお知らせ

上記情報によれば、銘柄は以下の通りです。



バンガード・米国トータル債券市場ETF(BND)
 経費率 年率0.08% → 0.07%
バンガード・スモールキャップ・インデックス・ファンド(NAESX)
 経費率 年率0.24% → 0.23%

BNDは米国債券に投資するETFで、NAESXは米国小型株に投資する米国籍投信(インデックスファンド)です。

BNDは上記のとおりの経費率です。主要ネット証券で売買できます。

でも、NAESXはマネックス証券でしか取り扱っておらず、「口座管理手数料」の名のもとに年率0.60%(税抜)が、バンガードの経費率(年率 0.23%)に加えてかかります。バンガードの0.01%の経費率改定など吹っ飛んでしまうくらいの高コストになってしまいますので要注意です。

米国小型株に投資したいのであれば、バンガードETFの「バンガード・スモールキャップETF」(VB)が、経費率 年率0.09%でありますので、そちらもお忘れなく。


<特に関連性が高い記事>
梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー
2015/02/28 バンガード、VTなど海外ETF5銘柄の経費率改定。驚愕の低コスト、まだ下がるのか!
2015/02/09 一挙50本のバンガードETFが取り扱い開始。何でもある、何でもあるよ!
2014/05/03 バンガードの運用コストは「改定」?「引き下げ」?
2012/03/23 米国バンガードの超低コストの秘密
2011/07/30 インデックスファンド、国内ETF、海外ETFの比較

<ご参考>
バンガードの海外ETFに投資するなら、特定口座に対応している以下のネット証券がおすすめです。
楽天証券
マネックス証券
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ