米国債券投信市場で17年10カ月ぶりの首位交代劇。ピムコからバンガードへ

vanguard logo
米国バンガードの債券インデックスファンドが、巨艦ピムコの債券アクティブファンドの残高を上回ったとのこと。

バンガードのインデックスファンド、米投信市場で債券部門の残高首位に

 15年4月末時点で、バンガードのインデックスファンド「バンガード・トータル・ボンド・マーケット・インデックス・ファンド(Vanguard Total Bond Market Index)」の純資産残高が1175億ドルまで増加し、ピムコのアクティブファンド「トータル・リターン・ファンド(PIMCO Total Return)」の1104億ドルを上回り、米投信市場の債券ファンド部門(注)で第1位の座に躍り出た。1997年6月以来、17年10カ月ぶりの首位交代劇となる。
(2015/05/15 モーニングスターより)


17年10カ月ぶりの首位交代劇って何かすごいですね。昔から、個人的に「債券といえばピムコ」というイメージが強かったのですが、「債券王」ビル・グロース氏のピムコも、バンガードの低コスト化の波にはかなわなかった、ということかもしれません。

「バンガード・トータル・ボンド・マーケット・インデックス・ファンド」の経費率は年率 0.2%、一方の「トータル・リターン・ファンド」の経費率は年率 0.46%と、バンガードの方が半額以下の安さです。ETFは更に低コストで、「バンガード・米国トータル債券市場ETF」の経費率は年率 0.07%です。世界的な低金利もあって、高コストな債券アクティブファンドはしんどそうです。

もっとも、ピムコの「トータル・リターン・ファンド」は、運用していた債券王ビル・グロース氏の退社にともなって資金流出が加速したようですので、債券王の影響は大きかったという見方もできます。(参考: WSJ日本版 2014/09/29 グロース氏のピムコ退社―投資家は追随すべきか

カリスマ運用者が辞めてしまう可能性があることは、アクティブファンドのデメリットのひとつです。投資手法が運用会社にしっかりと受け継がれていればいいのでしょうが、そこは外部からは見えない部分ですので悩ましいですね。


「バンガード・トータル・ボンド・マーケット・インデックス・ファンド」と「トータル・リターン・ファンド」のパフォーマンス比較(直近5年)
(Bloomberg.co.jpで「バンガード・トータル・ボンド・マーケット・インデックス・ファンド」(黒の線)と「トータル・リターン・ファンド」(緑の線)のパフォーマンスを比較(直近5年))
関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大90,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/11/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/11/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)