今週号の週刊ダイヤモンド(2015年5月23日号)はインデックス投資家は「買い」

photo20150520.png

今週号の週刊ダイヤモンド(2015年5月23日号)はインデックス投資家は「買い」だと思います。

B00WRDZ07Q週刊ダイヤモンド 2015年5/23号 [雑誌]
ダイヤモンド社 2015-05-18

by G-Tools


なぜなら、第1特集の『【Part1】初心者も経験者も必見! 「投資の鉄則」7カ条』では、山崎元氏、竹川美奈子氏、大江英樹氏といったインデックス投資家にはおなじみの識者が本音でトークしているからです。

長期保有前提なら投資はいつ始めてもいい、いきなり商品ではなくまず資産配分から、買値にこだわるな、ラップ口座はやめておけ、他人の話を鵜呑みにするな、アドバイスを貰う相手から商品を買うな、DC・NISAの使い方、といった投資の基本について、上記の識者が歯に衣着せぬもの言いで解説しています。

個別株投資の情報をはさみつつ、極めつけは、「買ってはいけない金融商品」特集があり、上記の識者を含め複数の識者が、名前を出してダメ出しした商品を容赦なく掲載しています。

また、ファンド会社運用・企画部門幹部たちによる「ぶっちゃけ覆面座談会」も、業界のお悩みが生々しい感じで出ていて、個人投資家は非常に参考になる内容になっており、Good企画。

これはビジネス誌としてはかなり「攻めてる」印象です。

じつは、私水瀬もダイヤモンドの記者さんから、本特集のために取材を受けておりました。記者さんによれば掲載される予定だとのことでしたが、発行直前に、「ページ数などの変更により構成内容に変更があり、せっかくお話いただいた水瀬さんのお話を、記事にすることができませんでした」という連絡が来ました。

没になってしまったようです。とても良い特集になっていただけに、掲載されなかったのは非常に残念です。でも、それもこれも自分の実力不足ということで納得。

そう思っていたところ、記者さんから、「ダイヤモンド・オンライン」と、定期購読者向けサイト「デイリー・ダイヤモンド」の「特集の見どころ」という紹介文で触れさせていただきましたという連絡が。

高値圏でも怖くない「投資の鉄則」いま買ってもいい株・投信とは?|今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ|ダイヤモンド・オンライン

こちらにはちょこっと掲載されていました。

話がそれましたが、今週号の週刊ダイヤモンド(2015年5月23日号)は、インデックス投資家は「買い」だと思います。ぜひ書店で手にとって見てください。書店がお近くにない方はKindle版をおすすめします。
週刊ダイヤモンド 2015年5/23号 [雑誌](←Kindle版)

関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大10,200円分の投信買付代金プレゼントキャンペーン実施中(2017/06/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大2ヶ月国内株式手数料実質0円キャンペーン実施中(2017/06/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)