「投資は自分のリスク許容度の範囲内で」と何度でも言います

mountain-3387_640.jpg

最近、「インデックス投資を始めた」「始めようと思っている」という話をネット上でよく見かけるようになりました。良いことではあるのですが。

インデックス投資の定義を「インデックスファンド・ETFの積み立て投資」とすると、新たにインデックス投資始められた方には、自分の「リスク許容度」の範囲内でのインデックス投資をしていただきたいと思います。

始めたばかりの方々は、投資額もまだ小さいケースが多いでしょうから、まだあまり問題にはならない方が多いかもしれません。

一方、2008年のリーマン・ショック後にインデックス投資を始めて、今まで数年間継続してきた方々は、積み立てた投資元本とその後の値上がりで、現在それなりの評価額になっているはずです。日米ともに上げ相場が続いていますが、自分のリスク許容度の範囲内に収まっていますでしょうか?

リスク許容度は、「額」で見るケースと「率」で見るケースがあります。

<ご参考>
リスクを「率」で見るか、「額」で見るか? - 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)

個人的にはどっちもアリだと思います。私個人は「率」で見る派ですが、「額」で見た方が実感を伴いやすいようです。

いずれにしても、自分のリスク許容度は、「なんとなくヤバいと思う」とか「まだまだいけると感じる」といった「感覚」ではなく、「年○○%の値動きであれば耐えられる」、または、「年○○円の損失であれば耐えられる」といった「数字」で把握することが重要なポイントです。

自分のリスク許容度の範囲内で投資をすることは、投資の大前提です。相場の調子が良い時だからこそ、自分のリスク許容度とポートフォリオを見比べて、いつ暴落が来てもある程度対応できるように備えておきたいものです。

<ご参考>
日経平均が15年ぶりの高値だそうですが - 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)

関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大100,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/09/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/09/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)