カンボジアの株式市場ってどうなっているの?

東南アジア某国に来ております。










遺跡やビールについてはまったくもって素晴らしいのひとことなのですが、カンボジアは株式市場的にMSCIエマージングにもMSCIフロンティアにも入っておらず、正直あまり馴染みがありません。

せっかく来たので、ガイドさんにカンボジアの株式市場について聞いてみました。すると、どうもカンボジアの株式市場は2012年にできたばかりで、当時は1社(水道会社)しか上場しておらず、その後もおそらく銘柄は増えていないだろうとのこと。

ネットで調べてみると、もう1社あるようなないような。でもその程度で寂しい感じです。ガイドさんも株を買ったことはあるけれども、「値動きがあまりなく、面白くないので売っちゃいました」と言っていました。

カンボジアでは、お金が必要な民間企業にとって、資金調達手段の大きな柱がないわけです。上記の遺跡群も、米国、フランス、日本、インドなどの援助で管理・修復されているとのこと。内戦が長く続いていたこともあり、カンボジア経済はいまだ発展の途についたばかりといったところのようです。

日本のように、国内に多様性と流動性が高い株式市場があるというのは、実は恵まれたことなのかもしれませんね。
関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)