7/20朝日新聞記事「分裂にっぽん 新しき富者」 2

『7/19朝日新聞記事「分裂にっぽん 新しき富者」』の続きです。

朝日新聞の記事「分裂にっぽん 新しき富者 2」 を読みました。
概要としては以下のとおりです。
(水瀬の解釈ですので誤解・曲解があるかもしれません)

『海外金融機関の「ジャパンデスク」(PB(プライベートバンキング)部門の日本客専門チーム)が、節税効果を尋ねる日本人富裕層でにぎわっている。
PBにとって、日本人富裕層は新たな上客。
彼らの資産「脱出」には、時に脱法もいとわないとされるPBが影の指南役になっている。』

なるほど。富裕層の資産脱出の指南役がPBであるとの指摘です。
たしかに、節税効果を狙ったタックスヘイヴンでの海外投資を、個人だけでやるのは難しいと思います。そこで指南役にお願いするとなるのは自然な流れだと思います。

でも、ちょっと気になるのは、記事の書き方です。
記事には、「プライベートバンキング」「タックスヘイヴン(租税回避地)」「ナンバーアカウント」「アングラマネー」と、妖しくも魅力的な言葉が散りばめられており、それらが、PBの「特別に儲かる秘密の運用」的な雰囲気を醸し出しています。
読者に「自分もPBで運用してみたい」と思わせるのに十分な書きっぷりです。

しかしながら、こと「運用」においては、必要以上にPBを憧れ崇める必要はないと個人的には思っています。
その理由として、以下のことを知ったからです。
○ PBの運用といっても、投資先は結局のところ、国内外の株・債券・商品・不動産など「普通の資産」である。
○ PBの一任勘定では、大半がインデックスを上回れない。(「臆病者のための株入門」(橘玲著)より)
○ タックスヘイヴン(租税回避地)での運用といっても、その国への納税義務はなくても、日本への納税義務はある


裏金で脱法をいとわないというのであれば別ですが、通常の資産運用において、PBに多大なアドバンテージがあるわけではなさそうです。
富裕層の日本脱出や租税回避を憂う特集企画であれば、大新聞は、悪戯にPBへの興味を煽り立てるだけでなく、こういった基本的情報も書くべきではないでしょうか。
関連記事


  





コメント

まったくですよね

PBは金の無駄だと思いますよーー;
PBに口座があるっていうステータスを味わいたいならいいんでしょうけど^^;

そのとおりですよね

PBという言葉だけが独り歩きしていますが、そもそも、新聞記事で取り上げられている金融機関が本当の意味でのPBなのか疑問があります。単なる大手のプライベートバンキング部門とか、金融コンサルタントにすぎないのが大半なのではないでしょうか?

記事によれば、「ケイマン諸島への法人設立を勧められて」、結局、「相続税法違反で起訴されてしまう」人の話が出ていますが、本当のPBであれば、そのようなお粗末な結論には絶対ならないはずです。

いずれにしろ複数の国に不動産を所有し、海外の弁護士や会計士と対等に張り合えるだけの教養がなければ、節税メリットもない上に、詐欺その他のトラブルに遭遇する可能性が高まるだけなので、PBを使う意味はないと思います(というより、本物のPBにはそもそも相手にされないはず)。

というわけで、安易にPB(を名乗る金融機関やコンサル)を信じて、「老後は海外」の予定が、「老後は塀の中」にならないように気をつける必要があるでしょう。

>にじ@Rayさん・PALCOMさんへ

PBの本来の目的は、戦争や国家権力の干渉等があっても、資産を守るという「資産保全」と聞いた事があります。
他にも、子供の学校や留学の手配をしたり、絵画を手配したりという、手厚いサービスをやったりもするらしいですね。
少なくとも、節税や脱法の指南が本来の目的ではないのだと思います。

なぞのPB信仰

こんにちは。
一部の日本人のPB信仰はボクも非常に不思議に思っています。
さわかみ投信の澤上社長が参加されるセミナーに何度か参加していると、
3回に1度くらいPBについて質問する人がいます。
この現象については、その度ごとに
なんだかなぁ、という印象を持っています。
このPB信仰はどこからくるのでしょうか。

PB信仰は、一種の欧米コンプレックスでしょうか?

海外の金融機関に相談する前に、自分で相続税法を読めば、本人と子供が日本にいたまま相続税を免れると謳っている話は全て脱税だということはすぐ分かるのですが・・・。

>rennyさんへ

「さわかみファンドよりPBの方が儲かるのでは?」とか聞くんでしょうかね。
さわかみ投信のセミナーで何故PBの質問が出るのか、とても不思議です。

>PALCOMさんへ

忙しくて勉強に手が回らないのかもしれませんね。

PB(

質問です。
ここで言うところの「PB」とは、実際にどのような部門のことを言うのでしょうか?
citibankのcitigoldやHSBC Premierも「PB」に属するのでしょうか?

>スマイリーさんへ

プライベート‐バンキング【private banking】
法人ではなく、富裕層の個人を対象に、銀行や証券会社などの金融機関が資産運用を一元的に引き受けるサービス。PB。
(大辞泉より)

逆に、「citibankのcitigoldやHSBC Premier」という固有サービス名称が、どんなサービスかを教えていただけるとうれしいです。

>さわかみ投信のセミナーで何故PBの質問が出るのか、とても不思議です。

澤上社長が欧州のPBでの勤務経験をお持ちだからです。
あくまで憶測なのですが、澤上社長が欧州のPBを紹介してくださる、と期待している人がセミナーに紛れ込むんだと思います。

僕もPBが何なのかは知る由も無いのですが、なんとなくイメージとしてイギリスの執事なんかを抱えている貴族階級の人が、お金について考えるのは下賎な事、個人的なお抱えの金融マンに頼むよ・・ってのが PBかなぁと思うんですけどね。

>rennyさんへ

なるほど、澤上氏はPB出身なんですね。
知りませんでした。

>オサーンさんへ

そういうイメージありますよね(^^)

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

書籍紹介:『サービスの花道』

週末に所用で仕事を早引きした際に久しぶりに本屋に立ち寄って以前から気になっていた本を買って帰りました。その本と言うのは『サービスの花道―特集好きなサービス嫌いなサービス』です。その名の通り,サービスについ

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)