「投資タイミングを明示しないのは卑怯だから教えろ」

水瀬ケンイチ

hands-460865_640.jpg

自称初心者さんから、こんな趣旨のご質問をいただきました。

ひととおりインデックス投資を勉強して、インデックス投資が予測せずにバイ&ホールドする投資法だということはわかりましたが、始め時と売り時を明示しないのは卑怯ではないですか。あなたも何がしかの目安を持って投資しているのでしょう。それを教えてください。




質問者さんは、明示できる始め時と売り時がある、という前提で話をされているようです。

よく、「投資なんて安く買って高く売ればいいんだからカンタンだ」と言われますが、それは前半は正しいですが、後半は正しくありません。

そりゃあ、後から振り返ってチャートを眺めれば、結果的に「この時期に買って、この時期に売ればすごく儲かったはず」という投資タイミングを見つけることはカンタンでしょう。でも、「事前に」それを見つけるのは極めて難しいというのがミソです。

投資タイミングが事前にわかるのであれば、タイミング投資でおおいに儲けることができます。そういう方はドンドンやった方がよいと思います。もう、こんな場末の個人ブログなんて読んでいる場合じゃありません。

しかし、たいていの人は(私を含め)投資タイミングなどわからないし、わかるという人も、実はわかるつもりになっているだけで実際はわかっていない(儲かったのは運がよかっただけという)ケースが相当あるはずです。

なぜなら、運用のプロがタイミング投資をするアクティブファンドでも、その6~7割はインデックスを上回れないし、上回ったとしても、継続して上回ることができるファンドはほとんどないというデータが、洋の東西を問わず大勢を占めているからです。

photo20150803.png
出典:モーニングスター

<当ブログの関連記事>
良いアクティブファンドを事前に選ぶ方法は本当にないのか (その1)
良いアクティブファンドを事前に選ぶ方法は本当にないのか (その2)
もったいぶらずに投資の正解を教えてください

こういうデータや話を見る限り、売買しないでインデックスをバイ&ホールドしておくという戦略にも一定の価値はありそうです。

そして、当ブログでは、基本的に「投資タイミングはわからないもの」という立場にたって、そのなかで何がコントロールできるのかを考察したり、それに基づいて投資を実践したりしています。そんなブログに、「投資タイミングを明示しないのは卑怯だから教えろ」と言われましても困ってしまいます。

世の中には、「私は投資タイミングがわかる!」と言ってはばからないサイトやブログがいくらでもあるので、そちらに質問してみてはいかがでしょうか。

(馬鹿げた対価を求められても、当方は関知いたしませんのであしからず・・・)

関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ