重なるメディアの取材

水瀬ケンイチ

book-855708_640.jpg

2つの某マネー系メディアから取材を受けました。


毎年言ってるような気がしますが、ホントに、取材はない時は何か月もまったくないのに、ある時には重なるのが不思議です。まるで申し合わせたかのように取材が重なります。

本来、私が実践しているインデックス投資は、相場が良かろうと悪かろうとやることはいっしょなので、話す内容も相場動向とは関係ないのですが、取材が重なるということは、メディアを作る側からすると、「そろそろインデックス投資でも取り上げてやるか」となる目安みたいな相場動向があるのかもしれません。

2社とも取材は順調に進みましたが、実際に掲載されるかどうかはわかりません。もし、掲載されるのなら、それぞれのメディアの読者さんにとって良い記事になるといいなと思います。

余談ですが、会社を問わず取材の最後に、「○○をやっている個人投資家をご紹介いただけませんか?」という依頼を受けるパターンが多いです。

取材した人に別の取材対象者を紹介してもらうというのは、失敗を避けるためのメディアのセオリーのひとつなんでしょうね。

不幸にして私と知りあいの皆さまにおかれましては、突然、話が飛び込んできても、なんとか前向きにご検討いただけたらと思います。あ、ダメっすか。(すでに1人にフラれてる^^;)

関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ